トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Linux のインストール,設定,運用保守,便利な使い方 -> Fedora 28 のダウンロードとインストールと設定
[サイトマップへ]  

Fedora 28 のダウンロードとインストールと設定

 

Fedora 28 のインストール手順を図解で説明します.

先人に感謝

Distro Watch の Web ページ: https://distrowatch.com/table.php?distribution=Fedora

目次.

参考情報: Linux の Web ページ


準備

システム設定項目(事前に決めておく事項/調べておく事項)

設定項目 データ型 本 Web ページでの設定値
OS の種類 文字列 Fedora 28
Linux カーネルの種類 文字列 amd64 (64ビット)
マシン名(コンピュータの名前) 文字列 fedora28
ドメイン名(インターネットのドメイン) 文字列 kunihikokaneko.com
ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か ブール値 true または false ※ 1)
IP アドレス IP アドレス
ネットマスク 文字列
ブロードキャストアドレス 文字列
デフォルトルータ(ゲートウエイ) IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
DNS サーバ(ネームサーバ) IP アドレスまたは完全修飾形式のホスト名
初期ユーザのフルネーム 文字列 kunihiko kaneko
初期ユーザのユーザ名 文字列 kaneko
初期ユーザのパスワード 文字列 <秘密の文字列>
特権ユーザのパスワード (root のパスワード) 文字列 <秘密の文字列>
ロケール 文字列 ja_JP.UTF-8 または C
タイムゾーン 文字列 Asia/Tokyo
システムコンソールのキーマップ 文字列 Japan / Japan または USA / USA

※ ネットワークアドレスは固定 IP アドレスか DHCP か

上記に書いた設定は、間違って入力した場合でも、あとで、修正できるので、あまり悩まないように。


Fedora 28 のダウンロード手順

  1. Fedora Web ページを開く

    http://fedoraproject.org/

  2. WORKSTATION の下の「いますぐダウンロード」をクリック

  3. ダウンロード」をクリック

  4. ダウンロードが始まるので確認する

  5. DVD の作成

    ダウンロードした .iso イメージファイルを DVD に焼くか, rufus などを使って起動可能な USB メモリを作る.


Fedora 28 インストール手順

  1. インストールの開始前に、ネットワークケーブルはつないでおく方がよい

  2. マシンの起動

  3. 起動画面

  4. 起動がはじまるので確認する

    

  5. ライブ起動かインストールかの選択画面

    インストールしたいので「Install to Hard Drive」を選ぶ

  6. インストールに使用する言語の選択

    インストールに使用する言語の選択では, 日本語 (Japanese)を選び, 続行 (Next)をクリック

  7. キーボード,日付と時刻,インストール先の確認と設定

    インストール先を設定したいので「インストール先」をクイック

  8. インストール先を選ぶ

  9. 完了」をクリック

    他の設定を変えることもできる.終わったら「インストールの開始」をクリック.

  10. インストールが始まる

  11. インストール終了の確認

  12. インストールが終了したので再起動する

引き続き設定を行う

  1. ようこそ画面では「次へ」をクリック

  2. プライバシについての設定を行う

    適切なものを選び 「次へ」をクリック

  3. オンラインアカウントの接続

    適切に設定するか,あるいは「スキップ」をクリック.

  4. ユーザー情報の設定

    設定し,「完了」をクリック

  5. パスワードの設定

    設定し,「次へ」をクリック

  6. 設定の終了

    設定し,「次へ」をクリック


yum-priorities のインストールと設定例

yum-priorities は,yum の設定において,優先度を指定できるようにするソフトウエア.

以下の操作は「端末」で行う.

  1. インストール

    sudo yum install yum-fastestmirror
    sudo yum install yum-priorities
    

  2. /etc/yum.repos.d/fedora.repo に優先度を設定

    全項目に「priority=1」を追加

  3. /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo の設定

    全項目に「priority=1」を追加


更新可能な全パッケージを更新

 

◆ Fedora の場合の操作手順(例)

sudo yum check-update
sudo yum update

RPM レポジトリ設定ファイルの取得

sudo rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm
sudo rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm

不要なサービスの停止

下記の (a) または (b) の手順で行なう

(a) コマンドラインで行なう場合

※ 実行例を以下に示す.(不要なものだけを off にすること).

sudo /sbin/chkconfig bluetooth off
sudo /sbin/chkconfig mdmonitor off
sudo /sbin/chkconfig nfs off
sudo /sbin/chkconfig rpcbind off
sudo /sbin/chkconfig --list

(b) コマンドラインでなく、GNOMEのツールを使う場合

「システム (System)」→「管理 (Administration)」→「サービス (Services)」

  → 画面で稼働すべきサービスの設定を行なうことができる
     最後に「保存」ボタンを押すことを忘れない。

(オプション)NVidia ドライバ

NVidia のカードを使っているときは NVIDIA ドライバのインストール を行う.