トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材
[サイトマップへ]

情報工学,情報スキルの教材

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする
情報工学関係の教材などを載せています。自習やグループ学習などにご活用ください. クリエイティブ・コモンズとしています(詳しい利用条件は末尾に記載しています)。

なお、金子研究室で行っているデータベース研究等に関する資料や教材等については,「最新情報技術の実習と研究ツール」という別のウェブページに掲載しています.

目次

サイト内の関連 Web ページ: 「最新情報技術の実習と研究ツール」のWebページ


データベース、データマネジメント、データ科学

データ解析, R システム

データベースシステム

種々のリレーショナルデータベース管理システム,データベースツール

NoSQLデータベースシステム

オブジェクトデータベースシステム

郵便番号データベース演習


プログラミング

プログラミング全般

※ オンライン開発環境, 3次元データ

Octave プログラミング

C/C++ プログラミング

C/C++ は,コンピュータの性能を引き出したい場合,プロセッサの仕組みなどを学びたい場合,アルゴリズムやデータ構造について学びたい場合などに役立つ言語だと考えます.

Java プログラミング

Xcode プログラミング

Ruby プログラミング

Perl プログラミング

Scheme プログラミング

Scheme は,有名な関数型言語

Haskell を使ってみる

PASCAL プログラミング

PASCAL は,大学などのプログラミング教育でよく使われてきた言語.

Prolog プログラミング


情報システム

Linux

Linux のインストールや運用全般については、別のページで説明しています

Linux でのソフトウエアのインストールについては、別のWebページで説明しています

FreeBSD

Windows サーバ, SharePoint サーバのインストール

Windows

仮想マシン

・Virtual Box

・Hyper-V

・Paragon Go Virtual

Web システム

地図情報システム


ITスキル

プレゼンテーション

Scratch プログラミング教材(クリエイティブ・コモンズ)

データベースソフト Access 演習

データベースソフト Access での SQL 問い合わせ(クエリ), Access と Excel の連携

表計算 Excel 演習

マイクロソフト Office 活用

Windowsおすすめソフトウエア

マイクロソフトの商用ソフトウエア

Windows の種々のソフトウエア


情報セキュリティ


コンピュータ応用(人工知能、3次元コンピュータグラフィックス・VR)

ディープラーニング応用

3次元コンピュータグラフィックス

Oculusを使ってみる


コンピュータと情報ネットワークの仕組み

情報ネットワーク

情報ネットワークの振る舞いを数値的に(確かな裏付けで)解析できるための知識

68000アセンブラ

68000 アセンブラに関する教材


情報工学の関連領域

オペレーションズリサーチを Excel で実習するシリーズ


入学時のガイダンス

入学時のガイダンス(ゲーム形式)に関する教材


この Web ページの配下にある資料の維持方針


公開している資料等のご利用について.

クリエイティブコモンズ BY NC SAです.

資料のご利用を歓迎します. 自習でお使い頂いたり,あるいは,グループでお使いいただく(授業や勉強会など)など,大歓迎です. 私の許諾を得ることなく,お使い頂いて構いません. 改変や加工もして頂いてかまいません. 資料等の間違いのご指摘,激励のメッセージなどいただければ励みになります.

  1. 再配布では,無償で相手方に渡してください(お願い)

    再配布は歓迎します. 私がWebページで配布している資料などは, もともと,私のWebページに来れば,簡単にダウンロードできますから, 会社や団体で会費を取って配ったりなどはご遠慮ください. 無料で配ってくださるのは歓迎します. 大学や高校などの学校で,教材としてお使いいただくのも歓迎します.

  2. 剽窃の防止について(お願い)

    グループ学習などでお使いになるとき, 私の資料に第三者の氏名を書き加える,あるいは会社や団体のロゴを書き加えるなどの改変をお考えになるかも知れませんが,剽窃(他人の作品を盗用しているかのような疑いをもたれること)は防止したいです.発表者や紹介者など,私以外の第三者の氏名を加筆して,私の資料をお使いになる場合には, 「金子邦彦の Web サイトで公開されている資料を使っている」のように,一言添えていただくなど,ご配慮ください.


問い合わせ先: 金子邦彦(かねこ くにひこ)