トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Web サービスのプログラミング -> Flask のインストール
[サイトマップへ]  

Flask のインストール


前準備

前準備として,Python 開発環境の Anaconda のインストールが終わっていること

Windows での Anaconda のインストール手順は、 別の Web ページに記載しています

Ubuntu での Anaconda のインストール手順は、 別の Web ページに記載しています

以下,Anaconda をインストール済みであるものとして説明を続けます.


隔離された Python 環境の作成

  1. 今から作成するPython 環境の名前と、Pythonのバージョンを決めておく

  2. Windows のコマンドプロンプトを実行する.

  3. 隔離された Python 環境を作成する

    次のコマンドを実行

    conda create -n flask python=3.6
    

  4. Python 環境が作成できたことを確認
    conda info -e 
    

隔離された Python 環境で、インストールの前準備を行う

いま作成した Python 環境で、パッケージの更新、spyder のインストールなどの前準備を行う

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. いま作成した Python 環境を有効にする

    次のコマンドを実行

    activate flask 
    

  3. Anaconda の conda パッケージの更新、古い conda パッケージファイルの削除

    conda の行は1行ずつ実行

    「conda config --remove channels conda-forge」は,conda のチャンネルに「conda-forge」が入っていたら削除する操作(エラーメッセージが出たとしても無視してください).

    conda config --remove channels conda-forge
    
    conda upgrade --all
    
    conda clean --packages
    

    (途中省略)

    (途中省略)

  4. pip の更新

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    アクセスが拒否されました」と表示される場合には cd コマンドで、書き込み可能なディレクトリに移るか、コマンドプロントを管理者として開いて、そこでコマンドを実行する。

    del get-pip.py
    wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    python get-pip.py
    

    「wget がないよ!」と表示されたときは、 「wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py; python get-pip.py」を 「python -m pip install --upgrade pip」で代用

  5. spyder をインストール
    conda install -y spyder 
    

    (以下省略)

    ※spyder を起動したいとき:

    • Windows のスタートメニューに「spyder (flask)」が増えるので、それを使う。あるいは
    • コマンドプロンプトで「activate flask」を実行したあとに「spyder」

隔離された Python 環境に、simplejson, Flask をインストール

いま作成した Python 環境に、Python パッケージをインストールする

  1. Window でコマンドプロンプトを実行

  2. いま作成した Python 環境を有効にする

    次のコマンドを実行

    activate flask 
    

  3. simplejson, Flask のインストール

    conda install -y simplejson 
    conda install -y flask 
    

  4. Flask のバージョン確認

    python -c "import flask; print( flask.__version__ )"
    

  5. 試しに動かしてみる

    次のようなPython プログラムをhoge.pyのようなファイル名で保存

    次のコマンドを実行

    python hoge.py
    

    Web ブラウザで、http://localhost:5000 を開く。次のような画面が出れば、動作OK

  6. ルーティングと変数を試してみる

    次のようなPython プログラムをhoge.pyのようなファイル名で保存

    from flask import Flask
    app = Flask(__name__)
    
    @app.route('/')
    def root():
        return 'root'
    
    @app.route('/hello')
    def hello():
        return 'hello'
    
    @app.route('/user/<username>')
    def user(username):
        return 'user %s' % username
    
    if __name__ == "__main__":
        app.run(debug=True)
    

    次のコマンドを実行

    python hoge.py
    

    Web ブラウザで、http://localhost:5000/user/kaneko を開く。次のような画面が出れば、動作OK