トップページ -> データベース研究スタート -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で SQLiteman をインストールし,使ってみる
[サイトマップへ]  

Windows で SQLiteman をインストールし,使ってみる

SQLiteman は SQLite データベースを操作する機能を持ったソフトウエア. Windows 版,Linux 版,Max OS X 版があります.ソースコードも配布されています.

目次

  1. SQLiteman のインストール
  2. SQLiteman で SQLite データベースの新規作成
  3. テーブル定義を行ってみる

キーワード:sqliteman, SQLite3, Windows インストール


 

SQLiteman のインストール

  1. 新しいディレクトリ C:\SQLite を作る

    ここに データベースファイルを置くことにする.

  2. Sqliteman を入手したい.SourceForge のウェブページを開く

    https://sourceforge.net/projects/sqliteman/

  3. Files」をクリック

  4. sqliteman」をクリック

  5. 最新版が欲しいので,「1.2.2」をクリック

  6. Windows 版が欲しいので「Sqliteman-1.2.2-win32.zip」をクリック

  7. ダウンロードが始まる

  8. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.

    以下、C:\SQLiteに展開(解凍)したとして説明を続ける

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  9. 確認のため、sqliteman.exe を試しに実行してみる.

    新しい画面が開くので確認する.


 

SQLiteman で SQLite データベースの新規作成

以下の手順で,新しいデータベースを作成する.その結果,データベースファイルができる.

ここでの設定

  1. sqliteman を起動する

    Windows での操作例

  2. データベースを生成したいので,「File」→「New」と操作する.

  3. ディレクトリと、データベースファイル名を指定.「保存」をクリック

    ※ 以下の例では「C:\SQLite\mydb」を指定している).

    ※ データベースファイル名は何でも良いが、英語の名前がよい.

  4. 空のデータベースが生成されたことを確認

 

テーブル定義を行ってみる

ここで定義するテーブル: T(id, name, weight)

  1. sqliteman を実行する.

  2. データベースをオープンしたいので,「File」→「Open」と操作する.

  3. オープンしたいデータベースのデータベースファイル名(下の図では hoge.db)を選び, 「開く」をクリック.

  4. テーブルを定義したいので,SQL編集画面に,次の SQL を書く

    create table T (
      id integer primary key not null, 
      name text, 
      weight real); 
    

  5. マウスカーソルを先頭に移して(先頭部分をクリック)から、「実行ボタン (Run SQL)」をクリック

  6. エラーメッセージが出ていないことを確認

  7. 「Tables」を展開し,いま定義したテーブル「t」をダブルクリック.すると,テーブル編集画面が開く.テーブルの中身は空である.

    これで,テーブル定義がうまくいったことを確認.