トップページ -> データベース研究スタート -> ラズベリーパイを使ってみよう -> Raspbian のインストール
[サイトマップへ]  

Raspbian のインストール

Raspbian をダウンロードし SD カードに書き込む

Windows パソコンを使う. https://www.raspberrypi.org/documentation/installation/installing-images/README.md に記載の手順による.

  1. Raspbian のミラーサイトのウェブページを開く

    https://www.raspbian.org/RaspbianMirrors

  2. この中から,日本のサイトを選ぶ

  3. イメージファイルが欲しいので, 次の順で操作する 「Parent Directory」 → 「pub」 → 「raspberrypi」 → 「raspbian」 → 「images」

  4. 最新版を選ぶ
    sdcard

  5. .zip ファイルを選ぶ

  6. ダウンロードが始まる

  7. ダウンロードした zip ファイルを展開(解凍)する.

    展開(解凍)には 7-Zip をおすすめします

  8. SD カードの書き込みソフトが欲しいので, Etcherを使うことにする.次のWebページからダウンロードし,インストールする.

    https://etcher.io/

  9. Etcher を起動

  10. Select image」をクリック

  11. 先ほどダウンロードしたイメージファイルを選ぶ

  12. Select drive」をクリック

  13. SD カードを選び,「Continue」をクリック

  14. Finish」をクリック.

  15. Continue」をクリック.

    SDカードの中に入っていたファイルは元に戻せないので,よく確認してからクリックすること.

  16. 書き込みが始まる.

  17. 終了の確認

  18. 「boot」という名前の新しいドライブができるので,中身とドライブレターを確認

    ※ その容量が小さいのは気にしないこと.

  19. ssh サーバ, vnc サーバを有効にしたいので, Windows のコマンドプロンプトで,次を実行. 但し「G:」のところは,いま確認したドライブレターにすること.
    G:
    echo "" > ssh
    echo "" > vnc
    

  20. 「ssh」という名前のファイルができていることを確認
    dir /w
    

  21. Windowsのパソコンから SD カードを外す

Raspberry Pi を起動し,リモートログインできるか確認してみる

  1. arp -a」を実行し,ネットワークにつながっている機器の IP アドレスを確認する

    ■ Windows での実行結果例

    Windows のコマンドプロンプトで次のように実行

    arp -a 
    

  2. 給電されていない状態で,先ほど準備した SD カードを Raspberry Pi に入れる

  3. Raspberry Pi へネットワークケーブルをつなぐ

  4. Raspberry Pi への給電を開始する

  5. arp -a」を実行し,変化を確認する

    ■ Windows での実行結果例

    Windows のコマンドプロンプトで次のように実行

    arp -a 
    

  6. 「ssh」を実行し,Raspbian にリモートログインできるか確認してみる

    password (パスワード) には「raspberry」を入れること.このとき,パスワードが画面には表示されないのは正常動作である.

    ■ Windows での実行結果例

    Windows のコマンドプロンプトで次のように実行

    ssh が無いときは msys2 + openssh をおすすめ.

    ssh pi@<先ほど確認した IPアドレス>
    
    「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」と出てログインできないことがある.

    もし「むかし,べつの Raspbian (同じ Rasperry PI であっても OS を入れ替えた」など,こころ当たりがある場合には, この警告は大丈夫である.

    Windows で known_hosts という名前のファイルを探して削除)

  7. 確認できたら「exit」でいったんログインを終わる.
    exit
    

Windows 10 での初期設定

mDNS の設定

IP アドレスの代わりに「raspberrypi.local」と指定できるようにするための mDNS の設定を行う.

(mDNS の機能を使うと,IPアドレスを指定せずに済むようになる)

  1. Windows 10 の mDNS の機能を有効にするために,ポート 5353 の通信制限を解除する

    Windows のコマンドプロンプト管理者として実行して,次のコマンドを実行

    netsh advfirewall firewall add rule name ="mdns" dir=in protocol=udp localport=5353 action=allow
    

  2. ssh pi@raspberrypi.local」でリモートログインできるか確認する

    password (パスワード) には「raspberry」を入れること.このとき,パスワードが画面には表示されないのは正常動作である.

    ssh pi@raspberrypi.local
    

  3. 確認できたら「exit」でいったんログインを終わる.
    exit
    

Real VNC Viewer のインストール

次に Windows で Real VNC Viewer をインストールする

https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/


Raspbian 側の初期設定

Raspbian システムの更新

  1. 再度,Raspbian にリモートログイン

    password (パスワード) には「raspberry」を入れること.このとき,パスワードが画面には表示されないのは正常動作である.

    ■ Windows での実行結果例

    Windows のコマンドプロンプトで次のように実行

    ssh が無いときは msys2 + openssh をおすすめ.

    ssh -X pi@raspberrypi.local
    

  2. システムの更新とシステムの再起動

    システムを更新したいので,Raspbian で次を実行

    sudo apt update
    sudo apt -yV upgrade
    sudo apt -yV dist-upgrade
    sudo apt -yV autoremove
    sudo apt autoclean
    sudo shutdown -r now
    

  3. 1分ほど待つ

Raspbian システムの初期設定

初期設定として次を行う

  1. 再度,Raspbian にリモートログイン

    ■ Windows での実行結果例

    Windows のコマンドプロンプトで次のように実行

    ssh -X pi@raspberrypi.local
    

  2. Raspbian で次のコマンドを実行
    sudo rm /etc/ssh/ssh_host*
    sudo dpkg-reconfigure openssh-server
    sudo timedatectl set-ntp true
    

  3. VNC パスワードの設定

    引き続き,次のコマンドを実行し,VNC パスワードを2回(同じものを2回)入れる

    sudo vncpasswd -service 
    

  4. パスワードの設定

    引き続き,次のコマンドを実行し,「raspberry」を入れたあと,パスワードを2回(同じものを2回)入れる

    passwd
    

  5. 試しに VNC 接続してみる

    ■ Windows で Real VNC Viewerを使っていることころ

    1. Real VNC Viewer を起動

    2. 「raspberrypi.local」あるいは IP アドレスを指定して,Enter キー

    3. VNC パスワードを入れる

    4. リモートデスクトップが表示されるので確認する

タイムゾーンとロケール

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
export LANG=ja_JP.UTF-8 
sudo sed -i 's/# ja_JP.UTF-8 UTF-8/ja_JP.UTF-8 UTF-8/g' /etc/locale.gen
sudo locale-gen
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

日本語設定

sudo apt -yV install fcitx-mozc
im-config -n fcitx
sudo apt -yV install fcitx-config-gtk2
sed -i "/EnabledIMList/s/mozc:False/mozc:True/g" ~/.config/fcitx/profile
fcitx-configtool mozc