トップページデータ処理SQL,リレーショナルデータベースの活用SQLite biter のインストールと使用(Windows 上,Ubuntu 上)

SQLite biter のインストールと使用(Windows 上,Ubuntu 上)

biter は,CSV ファイル等の種々のファイルを SQLite 3 データベースファイルに変換する機能を持ったソフトウエア.

Windows のとき

前準備

biter のインストール(GitHub からダウンロード)

  1. Windows のコマンドプロンプト管理者として実行する.
  2. 次のコマンドを実行する.

    mkdir c:\pytools
    cd c:\pytools
    git clone https://github.com/thombashi/sqlitebiter.git
    cd sqlitebiter
    python setup.py build
    python setup.py install 
    
  3. 確認のため biter を起動してみる.

    Windows のコマンドプロンプトを開き,「biter」を実行

Ubuntu, Debian 系(Ubuntu や RaspyerryPi など)のとき

前準備

biter のインストール(GitHub からダウンロード)

  1. インストール

    端末で,次のコマンドを実行.

    cd /tmp
    git clone https://github.com/thombashi/sqlitebiter.git
    cd sqlitebiter
    python3 setup.py build
    sudo python3 setup.py install 
    
  2. インストール後の設定

    biter のインストール時に表示されるメッセージに従い,端末で,次のコマンドを実行.

    sqlitebiter completion bash > ~/.bashrc
    
  3. 確認のため biter を実行してみる

    端末で,次のコマンドを実行.

    この結果,SQLite3 データベースファイル(ファイル名は out.sqlite)ができる.ファイル名は,変更しても大丈夫. SQLite 3 を起動して,テーブルの中身を確認している.事前に CSV ファイルを準備しておくこと.

    cd /tmp
    sqlitebiter file /usr/local/dt/pokemon.csv
    sqlite3 out.sqlite
    .tables
    select * from pokemon
    .exit
    

    [image]