トップページ -> データベース研究スタート -> TensorFlow のインストールおよびその応用例 -> Image-to-Image デモ, Variational Auto-Encoder デモの紹介
[サイトマップへ]  

Image-to-Image デモ, Variational Auto-Encoder デモの紹介

この Web ページでは,オンラインのImage-to-Image デモ, Variational Auto-Encoder デモを紹介します. Webブラウザを使います. (ソフトのインストールなどではありません)

Image-to-Image デモの紹介

先人に感謝.

Web ページの紹介です. 「Image-to-Image Translation in Tensorflow, https://affinelayer.com/pix2pix/」のデモWebページです.スケッチから画像を完成させたりなどのデモです

スケッチから猫の絵を完成させるデモは,次のような手順です.

  1. ウェブブラウザで次の URL を開く

    http://affinelayer.com/pixsrv/index.html

  2. スクロールして「edges2cats」を探す

  3. Clear」をクリックして消す

  4. 猫を手書きして「process」をクリック

Variational Auto-Encoder デモの紹介

先人に感謝.

Web ページの紹介です. recurrent neural network を用いた「sketch-rnn [1]」のデモWebページです.不完全なスケッチを自動で完成させるなどのデモです.

URL は https://magenta.tensorflow.org/sketch-rnn-demo

このWebページの一部分のスクリーンショットは

[1] David Ha, Douglas Eck, A Neural Representation of Sketch Drawings, https://arxiv.org/pdf/1704.03477.pd