トップページ -> データベース研究スタート -> 3次元コンピュータグラフィックス -> SUMO を使ってみる
[サイトマップへ]  

SUMO を使ってみる

SUMO は,さまざまな形態のオブジェクト(車両,公共交通機関,歩行者)の交通シミュレーションを行う.

などの機能がある. 次のアプリから構成される.

先人に感謝

Web ページ: http://www.dlr.de/ts/en/desktopdefault.aspx/tabid-9883/16931_read-41000


ダウンロードとインストール

  1. Web ページを開く http://www.dlr.de/ts/en/desktopdefault.aspx/tabid-9883/16931_read-41000/

  2. Downloads の下の「SUMO for Windows」をクリック

  3. .msi ファイルがインストールされる.

  4. ダウンロードした .msi ファイルを実行する

  5. ようこそ画面では,「Next」をクリック

  6. ライセンス条項の確認

  7. インストールディレクトリ(フォルダ)は既定(デフォルト)のままでよい.

  8. インストールを開始したいので「Install」をクリック.

  9. インストール終了の確認.「Finish」をクリック.

  10. 試しに sumo-gui.exeを起動してみる.起動したらOK.

チュートリアル等のダウンロードと展開(解凍)

  1. 今度は「SUMO manual, tutorial and examples」をクリック.

  2. ZIPファイルがダウンロードされる.

  3. ZIP ファイルを展開する.

チュートリアルを動かしてみる.

quickstart

  1. docs\tutorial\quickstart\data のファイルを確認

  2. ノード(節)が記述されたファイル quickstart.node.xml の確認

    nodes タグと node タグを使用

  3. エッジ(枝)が記述されたファイル quickstart.edg.xml の確認

    edges タグと edge タグを使用

  4. ルート(車両等の移動体の経路)が記述されたファイル quickstart.rou.xml の確認

    routes タグ, vType タグ,routeタグ,vehicleタグを使用

  5. コマンドでシミュレーションを実行.

    次のコマンドを実行.

    sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
    

  6. シミュレーション出力ファイルであるquickstart.dumpができる.

    ※ SUMOに付属しているtraceExporter.py を用いて,ファイル変換できる

    次の手順は ns-2/ns-3 形式に変換している例

    sumo -c .\quickstart.sumocfg --fcd-output sumoTrace.xml
    python 'C:\Program Files (x86)\DLR\Sumo\tools\traceExporter.py' --fcd-input .\sumoTrace.xml --ns2mobility-output ns2mobility.tcl
    

  7. sumo-gui -c quickstart.sumocfgを実行

  8. 実行ボタン

ノード(節),エッジ(枝),ルート(車両等の経路),シミュレーション設定ファイルの例

Hello

<nodes>
    <node id="1" x="-250.0" y="0.0" />
    <node id="2" x="+250.0" y="0.0" />
    <node id="3" x="+251.0" y="0.0" />
</nodes>           

<edges>
    <edge from="1" id="1to2" to="2" />
    <edge from="2" id="out" to="3" />
</edges>

<routes>
    <vType accel="1.0" decel="5.0" id="Car" length="2.0" maxSpeed="100.0" sigma="0.0" />
    <route id="route0" edges="1to2 out"/>
    <vehicle depart="1" id="veh0" route="route0" type="Car" />
</routes>

<configuration>
    <input>
        <net-file value="hello.net.xml"/>
        <route-files value="hello.rou.xml"/>
    </input>
    <time>
        <begin value="0"/>
        <end value="10000"/>
    </time>
</configuration>



sumo -c quickstart.sumocfg --netstate-dump quickstart.dump
sumo-gui -c quickstart.sumocfg