トップページ -> データベース研究スタート -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender ゲームエンジンで剛体シミュレーション
[サイトマップへ]  

Blender ゲームエンジンで剛体シミュレーション

Blender ゲームエンジンを使ってみます。

このWebページでは Blender バージョン 2.79 で説明しています.


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


Blender ゲームエンジンについての基本操作

Blender ゲームエンジンに切り替え

  1. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Blender の画面レイアウトを「Game Logic」に変える

  2. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Render Engine (レンダー・エンジン) を,「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替え

    Render Engine (レンダー・エンジン) は, 既定では 「Blender Render (Blender レンダー)」になっている. 「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替える

Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)の開始と終了


Blender での剛体シミュレーションの例

  1. Blender ファイルをダウンロード

    c5.blend

  2. ダウンロードしたら開く

  3. 内蔵プレイヤーを起動.

  4. 結果を確認する

    終了したいときは ESC キー

  5. 球の位置を変えて、内蔵プレイヤーを起動してみる

    終了したいときは ESC キー


剛体シミュレーションの演習

Blender を起動し,Blender ゲームエンジンに切り替え

  1. Blender を起動しなさい.

  2. 中央の黒い四角のウインドウをクリックすると消える.

  3. 中央にある立方体のオブジェクト(灰色のもの)を消したい.中央にある立方体のオブジェクトを右クリックし,「DELETEキー」を押して削除

  4. DELETEキーを押すと,確認表示が出るので,画面の「削除 (Delete)」を左クリック

  5. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Blender の画面レイアウトを「Game Logic」に変える

  6. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Render Engine (レンダー・エンジン) を,「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替え

    Render Engine (レンダー・エンジン) は, 既定では 「Blender Render (Blender レンダー)」になっている. 「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替える

床と壁を作る

  1. 平面(Plane)のオブジェクトを追加

  2. いま追加した平面(Plane)のオブジェクトを拡大

    S」キーで拡大縮小モード

  3. 立方体(Cube)のオブジェクトを追加

  4. 視野の自由に回転して,確認する。 マウスの中ボタンを押しながらマウス移動

  5. 立方体 (Cube) を拡大縮小,移動して,「壁」を作る.軸ロックの機能を使う

    S」キーで拡大縮小モード.拡大縮小モードのとき、 「X」キー, 「Y」キー, 「Z」キーを押すと、 軸ロックされ、軸方向だけの拡大縮小になります

    G」キーで移動モード.移動モードのとき、 「X」キー, 「Y」キー, 「Z」キーを押すと、 軸ロックされ、軸方向だけの移動になります

    マニピュレータを使って移動することもできる

  6. 上と同じような操作を繰り返して,壁を 4つ作る

    ※ 下の図の Blenderファイルのダウンロード

  7. スタンドアローンプレーヤを起動し,おかしな動作がないことを確認.確認したら ESC キーで終了

    ※ 起動法は,このWebページの上の方で説明しています

球を置く

  1. UV球 (UV Sphere) のオブジェクトを追加

  2. UV球 (UV Sphere) のポリゴンをなめらかにしたい.

    いま追加した UV 球 (UV Sphere) のオブジェクトを選び、 「CTRL キー」と 「2」を同時押し(「2」は、テンキーで無い方の「2」)。

    下の図に結果を示している

  3. いま追加した UV 球 (UV Sphere) のオブジェクトを移動して,床の上になるように移動する.

    G」キーで移動モード.移動モードのとき、 「X」キー, 「Y」キー, 「Z」キーを押すと、 軸ロックされ、軸方向だけの移動になります

    マニピュレータを使って移動することもできる

  4. いま追加した UV 球 (UV Sphere) のオブジェクトを選び, 物理演算 をクリック

  5. 物理演算タイプとして 剛体 を選ぶ

  6. 衝突境界設定 (Collision Bounds)」がチェックする

    ※ ここまでの手順を終えた Blenderファイルのダウンロード

  7. プレーヤーを起動.

    終了したいときは ESC キー

  8. UV 球の高さを何通りか変えて,プレーヤーの起動と終了を繰り返す. 高さを高くするほど,跳ね返りが大きくなることを確認

  9. 床を傾ける

  10. スタンドアローンプレーヤーを起動して確認してみる. ESC キーで終了

    床が傾いているので,少し滑る.摩擦で止まる.


Blender ファイルのバリエーション