トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> 3次元コンピュータグラフィックス -> blender-osm を使ってみる
[サイトマップへ]  

blender-osm を使ってみる

お断り. このWebページでは blender-osm の使用手順について、Blender (メニュー等を日本語化したもの)での操作手順のメモを残しています. 特定の商品や団体について、推奨、批評するものではありません


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


インストール

https://github.com/vvoovv/blender-osm/wiki/Documentation#installation の記述通りにインストールを行う

  1. 利用条件をよく確認の上、また、機能などもよく確認の上、利用を開始すること。

  2. ダウンロード画面から .zip ファイルをダウンロード

    ファイル名 blender-osm.zip

  3. Blender を実行する

  4. File (ファイル)」で 「User Preference (ユーザー設定)」を選ぶ

  5. Add-ons (アドオン)」を選ぶ

  6. 旧バージョンがあれば削除したい.まずは,検索ボックスに 「osm」と入れる

    ※ 旧バージョンの blender-osm アドオンが見つかった時は、削除する.

    アドオンを削除したときは、Blender を一度終了し,もう一度 Blender を実行する.

  7. Install from File ... (ファイルからアドオンをインストール ...)」をクリック

  8. 先ほどダウンロードしたファイル blender-osm.zip を選ぶ

  9. Import-Export: Import OpenStreetMap [.osm]」をチェック

  10. 展開し、ディレクトリを設定する.(OpenStreetMap ファイルやテラインファイルをダウンロードするためのディレクトリ)

    パソコンで、そのためのディレクトリを作成しておくこと

  11. Save User Settings (ユーザー設定の保存)」をクリック

  12. 左側のパネル(ツール・シェルフ)に「osm」が増えたことを確認する.

  13. 確認のため、「osm」をクリックし、 「import」をクリックする.

  14. 少し待つと、データのインポートが終わるので、確認する。これでインストールは終了.

3次元オブジェクトの一覧表示

  1. インポート操作

    インポートするときに, building, water objects, forests, other vegetation, roads and paths, railways にチェックしてみる

    オブジェクト名を確認したいので「Import as a single object」のチェックを外す. そして「Import」をクリック.

  2. インポートされるので確認

  3. Pythonコンソールの画面を開きたいので「Scripting」に切り替える

  4. 試しに3次元オブジェクト(タイプが「MESH」であるオブジェクト)の一覧表示を行ってみる.

    Pythonコンソール画面で次を実行

    for i in bpy.data.objects:
        if i.type == "MESH":
            print(i.name)