トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender ゲームエンジンを使ってみる
[サイトマップへ]  

Blender ゲームエンジンを使ってみる

このWebページでは Blender バージョン 2.79 で説明しています.

目次

  1. 前準備
  2. Blender ゲームエンジンに切り替え
  3. 画面構成の確認
  4. プレイヤー (Player)
  5. カメラの設定
  6. カメラの操作

キーワード: Blender ゲームエンジンに切り替え, 画面構成, プレイヤー (Player), カメラ操作, オブジェクトを動かす


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.

メニューの日本語化を行っておいた方が使いやすいでしょう.


Blender ゲームエンジンに切り替え

  1. Blender を起動する
  2. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Blender の画面レイアウトを「Game Logic」に変える

  3. Blender ゲームエンジンを使いたいので, Render Engine (レンダー・エンジン) を,「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替え

    Render Engine (レンダー・エンジン) は, 既定では 「Blender Render (Blender レンダー)」になっている. 「Blender Game (Blender ゲーム)」に切り替える


画面構成の確認

ゲームのメニュー

画面の上の方 ゲームエンジンの開始,デバッグモードのオン・オフなどができる.

ロジックエディター (Logic Editor)

参考 Web ページ: https://docs.blender.org/manual/en/dev/editors/logic_editor.html

画面の下の方

ゲームのロジックをビジュアルに編集できる画面.

プロパティ

画面の左下の方

プロパティの表示などを行う画面.


プレイヤー (Player)

プレイヤー (Player) は、Embedded Player (内蔵プレイヤー)、Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)の 2つ.

Embedded Player (内蔵プレイヤー)の開始と終了

Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)の開始と終了


カメラの設定

サイドバイサイドのステレオ表示

3Dビューでの「作業視野」と「カメラ視野」との切り替え

演習(1): 

  1. Embedded Player (内蔵プレイヤー) を「開始」してみなさい.
  2. ESC キーで終了しなさい.

※ ゲームの中身を何も作っていないので,「立方体」が表示されるだけ.

演習(2): 

  1. カメラプロパティの画面で,「ステレオ」に設定し「サイドバイサイドに設定しなさい.
  2. Standalone Player (スタンドアローンプレーヤー)を「開始」してみなさい.
  3. ESC キーで終了しなさい.
  4. カメラプロパティの画面で,「ステレオ」を「なしに戻しなさい.

※ ゲームの中身を何も作っていないので,「立方体」が表示されるだけ.


オブジェクトを動かす

Blender では,ビジュアルにプログラムを作成することができる.