トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> 3次元地図データベース応用 -> OSMBuilding の例
[サイトマップへ]  

OSMBuilding の例

地図タイルとは

地図タイルとは、「レイヤ番号/X/Y」の形で、地図を示すやり方のことで、 X, Y は地図の場所.レイヤ番号は地図の大きさ. レイヤ番号=0のときは全世界,レイヤ番号が1増えると,面積は 1/4. ○画像の地図の場合には,1個の地図タイル = 256×256の画像が標準  ※ゲームの「マップ」でもタイル地図と同じ技術が使われていることも ・オンラインの地図システムでは,ダウンロードを早くするために,地図データは地図タイル化されていることが多い. ・最も荒いものがレベル0.レベルが増えることに,範囲は狭く,情報は精密になる.

OSM Building サーバ (OSM Building Server) を使ってみる

OSM Building サーバ (説明は https://github.com/OSMBuildings/OSMBuildings/blob/master/docs/server.md) は、所定の条件下で無料で利用できるオンラインのサービス.

URL は次の形式である

https://{s}.data.osmbuildings.org/0.2/{k}/tile/{z}/{x}/{y}.json

試しに、次の URL を開いてみる https://osmbuildings.org/?lat=34.45673&lon=133.23062&zoom=18&tilt=30&rotation=4

F4map を使ってみる

試しに、次の URL を開いてみる http://demo.f4map.com/#lat=34.4572202&lon=133.2298585&zoom=18&camera.theta=0.9