トップページデータ処理主成分分析,次元削減CCA (Canonical Correlation Analysis) の例 (R, CCA パッケージを使用)

CCA (Canonical Correlation Analysis) の例 (R, CCA パッケージを使用)

前準備

R システムのインストール

R システムの CRAN の URL: https://cran.r-project.org/

CCA パッケージのインストール

R システムで,次のコマンドを実行し,インストールする.

このとき「Secure CRAN mirrors」のような,ミラーサイトの選択画面が出たときは「Japan」のものを選ぶ.

install.packages("CCA") 

この操作でインストールが行われる. R システムのパッケージのインストールについては、 必要に応じて「R システムでのパッケージのインストール」のページを参考にしてください.

使ってみる

  1. R の起動

    [image]
  2. library(CCA) の実行
    library(CCA)
    

    [image]
  3. データの準備,

    ここでは,iris を使う.

    data(iris)
    a <- iris[1:4]
    

    [image]
  4. データの統計情報
    stats(a)
    

    [image]
  5. correlation

    下記の操作手順例では、ベクトルのデータ X とベクトルのデータ Y の correlation を求めている

    X <- a[,1:2]
    Y <- a[,3:4]
    matcor(X, Y)
    

    [image]
  6. CCA の計算

    cc1[1] は canonical correlations, cc1[3:4] は canonical coefficients

    cc1 <- cc(X,Y)
    cc1[1]
    cc1[3:4]
    

    [image]
  7. canonical loadings の計算
    cc2 <- comput(X, Y, cc1)
    cc2[3:6]
    

    [image]