トップページデータ処理日時データの処理SQLite3 でミリ秒付きの日時を扱う例

SQLite3 でミリ秒付きの日時を扱う例

前準備

SQLite 3 のインストールと利用の入門: 別ページにまとめている.

ミリ秒を格納するテーブルのテーブル定義,レコードの挿入

SQLite 3の起動

ここでは, データベース名を指定せず,インメモリ・データベースを用いている.

sqlite3

[image]

現在の日時

select datetime('now', 'localtime');

[image]

日時を格納したテーブルの作成例

create table R (
  id integer primary key not null, 
  created_at datetime); 

insert into R values( 1, '2020-06-25 19:30:30.001' ); 
insert into R values( 2, '2020-06-25 19:30:30.002' ); 
insert into R values( 3, '2020-06-25 19:30:30.003' ); 
insert into R values( 4, '2020-06-25 19:30:31.001' ); 

[image]

問い合わせの例

select * from R; 
select * from R where created_at < '2020-06-25 19:30:31.001'; 
select * from R where '2020-06-25 19:30:30.002' < created_at AND created_at < '2020-06-25 19:30:31.001'; 

[image]

UNIX time で表示

select strftime("%s", created_at) + strftime("%f", created_at) - round( strftime("%f", created_at) ), created_at from R;

[image]

SQLite 3の終了

.exit

[image]