トップページデータ処理クラスタリング1次元データのクラスタリング (R, Ckmeans.1d.dp パッケージを使用)

1次元データのクラスタリング (R, Ckmeans.1d.dp パッケージを使用)

前準備

R システムのインストール

R のプログラミングについては,別のページにまとめている.

Ckmeans.1d.dp パッケージのインストールと確認

Ckmeans.1d.dp パッケージを用いた 1次元データのクララスタリングを行う.

  1. R の起動

    [image]
  2. install.packages("Ckmeans.1d.dp") の実行
    if (!require("Ckmeans.1d.dp")) install.packages("Ckmeans.1d.dp")
    

    [image]

    初回実行時には,インストールが始まる.

    1. Windows では,初めて何らかのパッケージをインストールするとき,管理者権限がない場合,ユーザ領域にインストールするという表示が出る.「はい」をクリック.

      [image]

      次の表示が出た場合には,「はい」をクリック.

      [image]
    2. ミラーサイトは,日本から選ぶ
      [image]
  3. library(Ckmeans.1d.dp) の実行
    library(Ckmeans.1d.dp)
    
    [image]
  4. サンプルの表示
    example(Ckmeans.1d.dp)
    

    [image]

    [image]

    (以下,省略)

ベクトルデータのクラスタリングの例

ここでは,ベクトルデータ iris$Petal.Length をクラスタリングする.iris は,Rシステムに組み込み済みのデータ.

  1. iris$Petal.Length の確認
    data(iris)
    print(iris$Petal.Length)
    

    [image]
  2. Ckmedian.1d.dp によるクラスタリング
    result = Ckmedian.1d.dp(iris$Petal.Length)
    plot(result)
    

    [image]

    今度はクラスタ数を指定

    result = Ckmedian.1d.dp(iris$Petal.Length, 3)
    plot(result)
    

    [image]
  3. Ckmeans.1d.dp によるクラスタリング
    result = Ckmeans.1d.dp(iris$Petal.Length)
    plot(result)
    

    [image]

    今度はクラスタ数を指定

    result = Ckmeans.1d.dp(iris$Petal.Length, 3)
    plot(result)
    

    [image]