トップページ -> 研究道具箱と教材 -> Ruby による Web/データベース・プログラミング -> Ruby on Rails バージョン 3 を使ってみる
[サイトマップへ]  

Ruby on Rails バージョン 3 を使ってみる

Ruby on Rails バージョン 3 を使ってみます.

【関係するディレクトリとファイル(主要なもの)】

この Web ページで行うこと

  1. Rails アプリケーションのディレクトリと基本ファイルの生成

    データベース管理システムソフトウエアとして sqlite3 を使うとき

    cd <全体のルートディレクトリ>
    rails new hoge --database sqlite3
    

  2. (オプション) Gemfile の調整
    gem 'execjs'
    gem 'therubyracer'
    

  3. コントローラの作成
    1. rails generate controller の実行
      cd hoge
      rails generate controller welcome index
      

    2. 上の操作の後,app/views/welcome/index.html.erb を編集

    3. public/index.html を削除
      rm public/index.html 
      

    4. config/routes.rb を次のように編集し、welcome/index.html.erb を使うように設定

      元々の config/routes.rb の記述に従って編集する。

      ■ パターン1

      root 'welcome#index'
      

      ■ パターン2

      root :to => 'welcome#index'
      

  4. Rails アプリケーションのひな形 (scaffold アプリケーション) の生成
    cd hoge
    rails generate scaffold order_record year:integer month:integer day:integer customer_name:text product_name:text unit_price:float qty:integer created_at:timestamp updated_at:timestamp
    

  5. (オプション) マイグレーション・ファイルでのテーブル定義に制約を追加

    ファイル db/migrate/<タイムスタンプ>_create_order_records.rb を編集する

    SQLite3 でのマイグレーション・ファイルの設定例:

    class CreateOrderRecords < ActiveRecord::Migration
      def change
        create_table :order_records do |t|
          t.integer :year,	        :null => false
          t.integer :month,	        :null => false
          t.integer :day,	        :null => false
          t.text :customer_name,	:null => false
          t.text :product_name,	:null => false
          t.float :unit_price,	:null => false
          t.integer :qty,	        :null => false, :default => 1
          t.timestamp :created_at,  :null => false
          t.timestamp :updated_at
    
          t.timestamps
        end
      end
    end
    

    SQLite3 以外でのマイグレーション・ファイルの設定例:

    class CreateOrderRecords < ActiveRecord::Migration
      def change
        create_table :order_records do |t|
          t.integer :year,	        :null => false
          t.integer :month,	        :null => false
          t.integer :day,	        :null => false
          t.text :customer_name,	:null => false
          t.text :product_name,	:null => false
          t.float :unit_price,	:null => false
          t.integer :qty,	        :null => false, :default => 1
          t.timestamp :created_at,  :null => false
          t.timestamp :updated_at
    
          t.timestamps
        end
    
    
        #add constraints
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c1_order_records CHECK ( year > 2008 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c2_order_records CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c3_order_records CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c4_order_records CHECK ( unit_price > 0 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c5_order_records CHECK ( qty > 0 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c6_order_records CHECK ( ( unit_price * qty ) < 200000 );"
    
      end
    end
    

  6. リレーショナルデータベースの作成
    rake db:create:all
    rake db:migrate
    

  7. Rails サーバの起動
    rails server
    

  8. 動作確認

    http://localhost:3000/order_records

[このWebページで説明していること]


事前準備

  1. Ruby 処理系のインストールと, RubyGems のインストールが済んでいること

    ※ この Web ページの手順をなぞる場合は,sqlite3 パッケージのインストールも済んでいること

  2. JRuby を使う場合に限り,「Java SE Development Kit」のインストールが済んでいること.

  3. gem を使って Rails 関連パッケージのインストールが終わっていること
    gem install rails 
    gem install thin
    gem install exexjs
    gem install therubyracer
    gem install sqlite3
    

前もって決めておく事項


Rails アプリケーションのディレクトリと基本ファイルの生成

  1. rails コマンド による Rails アプリケーションのディレクトリと基本ファイルの生成

    rails バージョン 3 の場合の例

    cd <全体のルートディレクトリ>
    rails new hoge --database sqlite3
    


    なお、データベース管理システムソフトウエアとして MySQL を使うときは、次のように操作する

    cd <全体のルートディレクトリ>
    rails new hoge --database mysql
    

    rails バージョン 2 系列 の場合の例

    cd <全体のルートディレクトリ>
    rails hoge --database sqlite3
    


  2. (オプション)データベース設定ファイル config/database.yml の確認

    SQLite 3が使われることが分かる. この Web ページの目的である Ruby on Rails の入門用)としては全く問題ない.

    データベース名も確認できる.

    ※ MySQL などを使うときは,database.yml にパスワードを設定する

    ■ Linux での実行例

    cd hoge 
    more config/database.yml
    

    ■ Windows の場合には「/」を「\」に読み替えて下さい.

    cd hoge 
    more config\database.yml
    

  3. 確認

    Rails サーバを起動し、動作を確認する

    1. Rails サーバの起動
      cd hoge 
      rails server 
      

    2. Web ブラウザから使ってみる

      http://localhost:3000

    3. Rails サーバの停止

      Rails サーバを起動した端末で「コントロールキー」と「c」の同時押し


コントローラの作成

  1. rails generate controller の実行
    cd hoge
    rails generate controller welcome index
    

  2. 上の操作の後,app/views/welcome/index.html.erb を編集

  3. public/index.html を削除

  4. config/routes.rb を次のように編集し、welcome/index.html.erb を使うように設定

    元々の config/routes.rb の記述に従って編集する。

    ■ パターン1

    cd hoge
    root 'welcome#index'
    

    ■ パターン2

    cd hoge
    root :to=>'welcome#index'
    

  5. config/routes.rb の設定確認

    「rake routes」で確認する.

    rake routes
    


Rails アプリケーションのひな形 (scaffold アプリケーション) の生成

前もって決めておく事項

rails generate scaffold の実行

  1. 先ほど生成した Rails アプリケーションのルートディレクトリに,カレントディレクトリを変更

    cd hoge
    

  2. (オプション) bundle install の実行

    実行例

    bundle install 
    

  3. rails generate scaffold order_record ...」を実行し、アプリケーションのひな形を生成する

    rails generate scaffold order_record year:integer month:integer day:integer customer_name:text product_name:text unit_price:float qty:integer created_at:timestamp updated_at:timestamp
    

    【ここで試している設定の要点】

    Rails で使えるデータ型は次の通り

    データ型の詳細については,別の Web ページで説明します.

    ※ execjs を使っている場合,次のようなエラーが出る場合があります。このときは、node.js などをインストールすることで回避できる場合があります。 詳しくは、 https://github.com/sstephenson/execjs

    ※ Windows の場合には「/」を「\」に読み替えて下さい.

    Windows で「sqlite3.dll が無いよ」というエラーが出た場合には SQLite のサイト から sqlite3.dll をダウンロードして,C:\Windows\System32 に置く

  4. 「rake routes」で確認
    rake routes
    


マイグレーション・ファイルでのテーブル定義

マイグレーション定義ファイルには,データベースのテーブル定義と一貫性制約の記述等を行います.

【参考 Web ページ】

http://api.rubyonrails.org/classes/ActiveRecord/ConnectionAdapters/SchemaStatements.html

  1. Rails アプリケーションのひな形の作成において生成されたマイグレーション・ファイルの確認

    マイグレーション・ファイルを表示させる手順の例は次の通り.20110901074423 は実際の日付に読み替えてください.

    ■ Linux での実行例

    more db/migrate/20110901074423_create_order_records.rb
    

    ※ Windows の場合には「/」を「\」に読み替えて下さい.

  2. マイグレーション・ファイルでのテーブル定義と一貫性制約の記述

    いま確認したマイグレーション・ファイルを書き換えて,一貫性制約を記述したい.

    記述したい一貫性制約は,SQL を使って次のように書くことができるとする.問題は,これを,マイグレーション・ファイルにどう書くか,ということ.

    SQL の文法と意味については,ここでは説明しないので, 別の Web ページを見てください.

    一貫性制約を含むテーブル定義の例 (SQL での記述)

    この Web ページでは,次のテーブル定義を使います.

    SQLite3 の場合:

    CREATE TABLE order_records (
        id            INTEGER  PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL,
        year          INTEGER  NOT NULL,
        month         INTEGER  NOT NULL,
        day           INTEGER  NOT NULL,
        customer_name text  NOT NULL,
        product_name  text  NOT NULL,
        unit_price    REAL     NOT NULL,
        qty           INTEGER  NOT NULL DEFAULT 1,
        created_at    DATETIME NOT NULL,
        updated_at    DATETIME NOT NULL);
    

    SQLite3以外 の場合:

    CREATE TABLE order_records (
        id            INTEGER  PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL,
        year          INTEGER  NOT NULL CHECK ( year > 2008 ),
        month         INTEGER  NOT NULL CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 ),
        day           INTEGER  NOT NULL CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 ),
        customer_name text  NOT NULL,
        product_name  text  NOT NULL,
        unit_price    REAL     NOT NULL CHECK ( unit_price > 0 ),
        qty           INTEGER  NOT NULL DEFAULT 1 CHECK ( qty > 0 ),
        created_at    DATETIME NOT NULL,
        updated_at    DATETIME NOT NULL,
        CHECK ( ( unit_price * qty ) < 200000 ) );
    

    ◆ ここで行うこと: 上記のテーブル定義と等価なものをマイグレーション・ファイルに記述したいということ

    SQLite3 でのマイグレーション・ファイルの設定例:

    class CreateOrderRecords < ActiveRecord::Migration
      def change
        create_table :order_records do |t|
          t.integer :year,	        :null => false
          t.integer :month,	        :null => false
          t.integer :day,	        :null => false
          t.text :customer_name,	:null => false
          t.text :product_name,	:null => false
          t.float :unit_price,	:null => false
          t.integer :qty,	        :null => false, :default => 1
          t.timestamp :created_at,  :null => false
          t.timestamp :updated_at
    
          t.timestamps
        end
      end
    end
    

    SQLite3 以外でのマイグレーション・ファイルの設定例:

    http://guides.rails.info/migrations.html の記述によれば, マイグレーション・ファイル内に execute ... を含めることになります.実例を下に載せています。

    SQLite3 には ADD CONSTRAINT の機能が実装されていないため、下のプログラムは動きません(2011/09/01 時点).

    class CreateOrderRecords < ActiveRecord::Migration
      def change
        create_table :order_records do |t|
          t.integer :year,	        :null => false
          t.integer :month,	        :null => false
          t.integer :day,	        :null => false
          t.text :customer_name,	:null => false
          t.text :product_name,	:null => false
          t.float :unit_price,	:null => false
          t.integer :qty,	        :null => false, :default => 1
          t.timestamp :created_at,  :null => false
          t.timestamp :updated_at
    
          t.timestamps
        end
    
    
        #add constraints
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c1_order_records CHECK ( year > 2008 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c2_order_records CHECK ( month >= 1 AND month <= 12 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c3_order_records CHECK ( day >= 1 AND day <= 31 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c4_order_records CHECK ( unit_price > 0 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c5_order_records CHECK ( qty > 0 );"
        execute "ALTER TABLE order_records ADD CONSTRAINT c6_order_records CHECK ( ( unit_price * qty ) < 200000 );"
    
      end
    end
    

リレーショナルデータベースの作成

  1. 先ほど生成した Rails アプリケーションのルートディレクトリに,カレントディレクトリを変更

    cd hoge
    

  2. (オプション)rake で実行可能なタスク一覧の表示

    rake -T
    

  3. (オプション)データベース・スキーマの版(バージョン)の確認

    rake db:version
    

  4. (オプション)データベースのキャラクタ・セットの確認

    「UTF-8」のように表示される.

    rake db:charset
    

  5. (オプション)Ruby が認識するキャラクタコードの設定

    Ruby が認識するキャラクタコードの設定は、config/environment.rb で「$KCODE = 'u'」のように行う.

  6. データベース・マイグレーションの実行によるデータベースの生成

    rake db:create:all
    

  7. マイグレーション・ファイルと rake コマンドを用いたマイグレーションの実行

    メッセージから,新しいテーブルが定義されたことが分かります.

    rake db:migrate
    

  8. テーブル定義の確認

    「"id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL」が増えていることなどが確認できます.

    echo "select * from sqlite_master;" | sqlite3 db/development.sqlite3 
    


Rails サーバの起動と動作確認

  1. 先ほど生成した Rails アプリケーションのルートディレクトリに,カレントディレクトリを変更

    cd hoge
    

  2. Rails サーバの起動

    rails server
    

    ■ Windows の場合には「/」を「\」に読み替えて下さい.

    WEBrick が起動していることが確認できます.ポート番号が 3000 であることも確認できます.

  3. Rails サーバと通信できることのテスト

    Web ブラウザで http://127.0.0.1:3000 を指定します.

    この Web ページの「コントローラの作成」の手順を踏んでいた場合には, Rails サーバと通信して,welcome/index.html.erb が次のように表示される

    Windows のファイヤウオール機能により,ポート番号 3000 との通信が遮断されている場合があるので, ポート番号 3000 の通信については解除しておくこと.

  4. Ctrl + 「c」 による Rails サーバの終了

    Ctrl + 「c」(コントロールキーと「c」キーの同時押し)で,Rails サーバが終了します.

  5. Rails コマンドの確認

    ■ Windows の場合には「/」を「\」に読み替えて下さい.


scaffold アプリケーションを使ってみる

以下の手順では,いま生成された scaffold アプリケーションを使ってみます.

  1. http://127.0.0.1:3000/order_records を Web ブラウザで開く

  2. New order_record をクリック

  3. 新しいウインドウが開く.これは,テーブルに新しい行(レコード)を挿入するための編集画面

  4. データを設定し,Create order_record をクリック

    ※ もし,どれかのフィールドのデータが空 (NULL) のままだと,テーブル定義で指定した NOT NULL 制約に違反し,行(レコード)を挿入できない.

  5. 行(レコード)挿入の確認

    間違いがあるときは「Edit」で編集画面に戻る.

    ◆ これで正しいときは「Back」で元の画面に戻る.

  6. Back をクリックすると,元の画面に戻る.order_records テーブルに行(レコード)が挿入されたことが確認できる.

  7. Show」をクリックすると,1ページで1レコード表示される.

  8. Edit」をクリックすると,編集画面に移る

  9. Delete」をクリックすると,削除される

  10. 今度は日本語を試してみる

    # 「@ A I U _ a 梶vは Shift_JIS にはなく,Shift_JIS を拡張した文字コードセットにある
    # 「‖ 〜 − ¢ £ ¬」は Shift_JIS, EUC-JP, ISO-2022-JP では同じ文字コードなのに Windows-31J では違う文字コード
    # 「表 十 構」は、Shift_JIS では 2 バイト目が「5C」になっているもの
    #  その他 "〒" ハンカクカナ
    

  11. 確認表示