トップページ -> 研究道具箱と教材 -> Ruby プログラミング -> Windows で Ruby バージョン 1.8.7 あるいは 1.9.1 のインストール (Rumix を使用)
[サイトマップへ]  

Windows で Ruby バージョン 1.8.7 あるいは 1.9.1 のインストール (Rumix を使用)

Rumix とは Windows に Ruby を簡単に導入できる良質のソフトウエア. Windows で簡単に Ruby バージョン 1.8 系列あるいは 1.9 系列を導入できるソフトが欲しいと思っていたら,このソフトウエアを見つけました.良いソフトウエアです.

この Web ページでは Windows での Rumix を用いた Ruby バージョン 1.8.7 あるいは 1.9.1 の導入手順を図解で説明します.

※ Rumix の推奨環境は Microsoft Windows 98/Me/2000/XP(32ビット版)(2010/03/01時点)

RubyGems と Rake は,ruby バージョン 1.9.1 では標準で組み込まれています.

(注意点)Exerb, VisualuRuby, ImageMagick, Gruff などを用いたい場合にはバージョン 1.9 系列ではなく 1.8 系列をすすめます(2010/1 時点). Rumix を使って,バージョン 1.8 系列を選んでインストールすることは簡単にできます.

Ruby プログラミング用の開発環境として,emacs のようなエディタを使用するか, 開発環境を使うことを薦めます

Ruby on Rails や Ruby を使ったデータベースプログラミングなどは,別の Web ページに記述しています.

参考 Web ページ: http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/gfdnavi/doc/install/install-rails.htm


Rumix を用いた Ruby バージョン 1.8.7 あるいは 1.9.1 のインストール

  1. 「Rumix - Ruby Starter Package with Installer」の Web ページを開く.

    http://ruby.morphball.net/rumix/

  2. 必ずライセンス条項を確認

  3. Rumix 1.00(通常版)」または「Rumix 1.00(ruby 1.9.1版)」をクリック

  4. SourceForge からのダウンロードが始まる

  5. ダウンロードしたファイルを解凍

  6. ダウンロードしたインストーラ rumix_install.exe を起動

  7. ようこそ画面

    次へ」をクリック

  8. インストールディレクトリの設定

    デフォルト (C:\rumix) のままでよい.「次へ」をクリック

  9. 外部ライブラリのインストールディレクトリの設定

    デフォルト (C:\Windows\System32) のままでよい.「次へ」をクリック

  10. Ruby リファレンスマニュアルの選択

    デフォルト (HTML Help版) のままでよい.「次へ」をクリック

  11. 関連ツールの選択

    デフォルト (Facets 2.7.0 にチェック) のままでよい.「次へ」をクリック

  12. コマンドラインシェルの選択

    デフォルト (NYAOS 2.30) のままでよい.「次へ」をクリック

  13. オプション

    デフォルト (環境変数 PATH に ruby.exe のパスを追加する.スタートメニューに Rumix を追加する.そでにファイルが存在する場合、新しいファイルのみ上書き)のままでよい.「次へ」をクリック

  14. 最終確認

    インストール」をクリック

  15. インストールが始まる

  16. インストール完了の確認

    終了」をクリック

  17. テスト実行

    facets がインストールされるので,試しに使ってみます.

    
    irb
    require 'rubygems'
    require 'facets'
    p Time.elapse { sleep 0.12345 }
    


Ruby on Rails を gem でインストール

  1. NYAOS コマンドラインシェルを起動

    Windows の「スタート」から「Rumix」を選び,「NYAOS (コマンドラインシェル)」を選ぶ

    ※ Windows で環境変数 HOME を設定している場合にはエラーが出ることがある(そのときは,環境変数 HOME を一時的に消してから実行することになる)

    ■ Rumix 1.00 (通常版) での実行例

    ■ Rumix 1.00 (ruby 1.9.1 版) での実行例

  2. 「gem install rails --include-dependencies 」の実行

    ■ 安定版をインストールした場合(普通はこちら)

    gem install pkg-config --include-dependencies
    gem install rails --include-dependencies
    

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

    ■ Ruby on Rails バージョン 3 (プレリリース版) をインストールした場合(最新の機能を試したい場合はこちら)

    gem install tzinfo builder i18n memcache-client rack rake rack-test rack-mount erubis mail text-format thor bundler --include-dependencies
    gem install rack-mount --version=0.4.7
    gem install rails --prerelease --include-dependencies
    

    ※ こんな長いコマンドを打つのは面倒.コピー&ペーストしたいので nyaos-3000 を薦めます.

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

  3. インストール終了の確認

  4. 「gem list」で確認

    おおよそ次のように表示されるはず.(一致しないことはあるでしょう).


(オプション)Ruby の gem で MySQL パッケージ, SQLite3 パッケージをインストール

  1. MySQL のインストール が済んでいること

  2. 「gem install mysql --include-dependencies 」の実行

    ※ Ruby 用の MySQL パッケージをインストールしたいとき

  3. 「gem install sqlite3-ruby --include-dependencies 」の実行

    ※ Ruby 用の SQlite 3 パッケージをインストールしたいとき

インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.実行例は次の通り.