トップページ -> 研究道具箱と教材 -> Ruby プログラミング -> Linux で Ruby のインストール
[サイトマップへ]  

Linux で Ruby のインストール

Linux (Ubuntu や Fedora) での Ruby のインストール手順を説明します.

参考 Web ページ: http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/gfdnavi/doc/install/install-rails.htm


事前準備

更新可能な全パッケージを更新する操作を行っておく.

■ Ubuntu の場合の操作手順(例)

sudo apt-get update 
sudo apt-get upgrade

■ Fedora の場合の操作手順(例)

yum check-update
yum update

Ruby および RubyGems を,パッケージを使ってインストール

Ubuntu の場合の操作手順(例)

sudo apt-get -yV install ruby-full
sudo apt-get -yV install ruby1.9.1-full
sudo apt-get -yV install rubygems

sudo gem install rubygems-update
sudo gem1.9.1 install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems
sudo /var/lib/gems/1.9.1/bin/update_rubygems
# 上記のコマンドにより、gem は /usr/lib/ruby/gems 下に入るように設定される
sudo gem      update
sudo gem1.9.1 update

# (オプション)以下、いろいろ入れている
sudo apt-get -yV install ruby-dev
sudo apt-get -yV install libruby
sudo apt-get -yV install libruby-extras
sudo apt-get -yV install libpdf-writer-ruby
sudo apt-get -yV install libpdf-writer-ruby-doc
sudo apt-get -yV install erubis
sudo apt-get -yV install erubis-doc
sudo apt-get -yV install liberubis-ruby
sudo apt-get -yV install eruby
sudo apt-get -yV install libapache2-mod-ruby
sudo apt-get -yV install libprogressbar-ruby

sudo apt-get -yV install rrdtool librrd-ruby
sudo apt-get -yV install ruby-gnome2
sudo apt-get -yV install ruby-gnome2-dev
sudo apt-get -yV install libqt4-ruby
sudo apt-get -yV install libfacets-ruby
sudo apt-get -yV install libfacets-ruby-doc
sudo apt-get -yV install librmagick-ruby
sudo apt-get -yV install librmagick-ruby-doc
sudo apt-get -yV install libopenssl-ruby
sudo apt-get -yV install libxml2-dev
sudo apt-get -yV install libxslt-dev
sudo apt-get -yV install libwww-mechanize-ruby1.8
sudo apt-get -yV install libwww-mechanize-ruby1.9.1
sudo apt-get -yV install libmysql-ruby
sudo apt-get -yV install libsqlite3-ruby
sudo apt-get -yV install libwirble-ruby
sudo apt-get -yV install libwirble-ruby-doc
sudo apt-get -yV install libgruff-ruby
sudo apt-get -yV install libgruff-ruby-doc

sudo apt-get -yV install  chasen
sudo apt-get -yV install  libchasen-dev
sudo apt-get -yV install  chasen-dictutils
sudo apt-get -yV install  libtext-chasen-perl
sudo apt-get -yV install  naist-jdic-utf8
sudo apt-get -yV install  mecab
sudo apt-get -yV install  mecab-utils
sudo apt-get -yV install  mecab-naist-jdic
sudo apt-get -yV install  libmecab-dev
sudo apt-get -yV install  libmecab-ruby
sudo apt-get -yV install  namazu2
sudo apt-get -yV install  namazu2-index-tools
sudo apt-get -yV install  libnmz7-dev

■ Fedora の場合の操作手順(例)

yum install ruby
yum install ruby-devel
yum install ruby-docs
# linux の種類によっては「ruby-gems」という名前になっているかも
yum install rubygems*

■ Fedora 12 での実行結果(例)

バージョンの確認

ruby -v

■ Fedora の場合の実行結果例


RubyGems の更新

※ RubyGems の更新のために「gem update」を実行するのは推奨しません (2011/06 時点の情報)

Ubuntu の場合の操作手順1(例)

下記のコマンドにより、RubyGems が更新される。 gem は /usr/lib/ruby/gems 下に入るように設定される

sudo gem install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems

Ubuntu の場合の操作手順2(例)(Ruby 1.8, Ruby 1.9 の両方をインストールしている場合)

例1と同様に、下記のコマンドにより、RubyGems が更新される。 gem は /usr/lib/ruby/gems 下に入るように設定される

sudo gem install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems

sudo gem1.9.1 install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.9.1/bin/update_rubygems
sudo gem install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems

rspec, rspec-rails, git を gem を用いてインストール

  1. 端末を起動

  2. Ruby の gem の更新

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  3. sudo gem install rspec」, 「sudo gem install rspec-rails」, 「sudo gem install git」の実行

    sudo gem install rspec
    sudo gem install rspec-rails
    sudo gem install git
    

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

  4. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.

    gem list
    

Sinatra を gem を用いてインストール

Sinatra については別の Web ページで説明しています。

  1. 端末を起動

  2. sudo gem update」の実行

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  3. sudo gem install sinatra」の実行
    sudo gem install sinatra
    

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

  4. インストール終了の確認

  5. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.実行例は次の通り.

Ruby on Rails を gem を用いてインストール

  1. 端末を起動

  2. sudo gem update」の実行

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  3. sudo gem install pkg-config」と「sudo gem install rails」の実行
    sudo gem install pkg-config
    sudo gem install rails
    sudo a2enmod rewrite
    

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

  4. インストール終了の確認

  5. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.実行例は次の通り.

  6. テスト実行

    rails new hoge -J -d sqlite3 
    

    cd hoge
    bundle install
    rails g rspec:install
    rails g scaffold hogeobj id:primary_key value:string
    rake db:migrate
    rake db:setup
    rails server
    

    Web ブラウザで http://localhost:3000/hogeobjs を開いて、scaffold の機能を使ってみる

    DataMapper を使う場合

    DataMapper を使う場合には、ruby 1.9 系列を勧めます(rvm も活用)してください)

    rails new hoge -O -J -d sqlite3 -m http://datamapper.org/templates/rails.rb
    

    cd hoge
    bundle install
    rails g rspec:install
    rails g scaffold hogeobj id:primary_key, value:string
    # id の行が2つあるので、下の方の1行を消す
    vim app/models/hogeobj.rb
    rake db:automigrate
    rails server
    

    参考 Web ページ

    http://api.rubyonrails.org/classes/ActiveRecord/ConnectionAdapters/TableDefinition.html

    ※ 使用できるデータ型は :primary_key, :string, :text, :integer, :float, :decimal, :datetime, :timestamp, :time, :date, :binary, :boolean


Ruby Facets を gem を用いてインストール

  1. 端末を起動

  2. Ruby の gem の更新

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  3. sudo gem install facets」の実行

    sudo gem install facets
    

  4. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.

  5. テスト実行

    facets を試しに使ってみます.

    irb
    require 'rubygems'
    require 'facets'
    p Time.elapse { sleep 0.12345 }
    

    ■ Ubuntu の場合の実行結果例


RMagick を gem を用いてインストール

RMagick とは ImageMagick 画像処理ライブラリ等を Ruby から呼び出せるようにできるインターフェースの機能をもったソフトウエアです.

RMagick の使い方については別の Web ページで詳しく説明しています。

  1. 端末を起動

  2. Ruby の gem の更新

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  3. ImageMagick と GraphicsMagick のインストール

    ■ Ubuntu の場合の操作手順(例)

    sudo apt-get -yV install  imagemagick
    sudo apt-get -yV install  libmagickcore3
    sudo apt-get -yV install  libmagickwand3
    sudo apt-get -yV install  graphicsmagick
    sudo apt-get -yV install  libgraphicsmagick3
    

  4. (オプション) ImageMagick のビルドとインストール

    cd /tmp
    if [ ! -f ImageMagick-6.7.0-6.tar.bz2 ]; then
      wget ftp://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/ImageMagick-6.7.0-6.tar.bz2
    fi
    tar -xvjof ImageMagick-6.7.0-6.tar.bz2
    cd ImageMagick-6.7.0-6
    ./configure --without-perl
    make
    sudo make install
    

  5. (オプション) GraphicsMagick のビルドとインストール

    ◆ 操作手順の例

    1.3 系列にはバグがあった (2011/03 時点)ので 1.2 系列をインストール

    cd /tmp
    if [ ! -f GraphicsMagick-1.2.10.tar.bz2 ]; then
      wget http://sourceforge.net/projects/graphicsmagick/files/graphicsmagick/1.2.10/GraphicsMagick-1.2.10.tar.bz2
    fi
    tar -xvjof GraphicsMagick-1.2.10.tar.bz2
    cd GraphicsMagick-1.2.10
    ./configure --without-perl
    make
    sudo make install
    

  6. sudo gem update」の実行

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update
    

  7. RMagick のインストール
    sudo gem install rmagick
    

  8. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.

  9. テスト実行

    RMagick を試しに使ってみます.

    cd /tmp
    cp /usr/local/share/opencv/samples/c/lena.jpg .
    # wget http://www.kkaneko.jp/free/stand/lena_std.jpg
    
    irb
    require 'rubygems'
    require 'RMagick'
    rgb = Magick::ImageList.new("lena.jpg")
    rgb.public_methods
    rgb.write("lena_std.png")
    rgb.display
    

    ■ Ubuntu の場合の実行結果例

    画像は「q」キーで閉じる


Gruff を gem を用いてインストール

Gruff の使い方については別の Web ページで詳しく説明しています。

  1. 端末を起動

  2. Ruby の gem の更新

    先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

    sudo gem update 
    

    数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

  3. sudo gem install gruff」の実行

    sudo gem install gruff
    

  4. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.

    gem list
    

  5. テスト実行

    gruff がインストールされるので,試しに使ってみます.

    irb
    require 'rubygems'
    require 'RMagick'
    require 'gruff'
    
    g = Gruff::Line.new
    g.title = "Sample Graph" 
    
    g.data("Line 1", [1, 3, 2, 4, 5])
    g.data("Line 2", [3, 3, 2, 2, 4])
    g.data("Line 3", [4, 4, 3, 3, 6])
    g.labels = {0 => '2009', 2 => '2010', 4 => '2011'}
    
    g.write('graph01.png')
    
    rgb = Magick::ImageList.new("graph01.png")
    rgb.display
    


mecab と senna と mecab-ruby パッケージのインストール

mecab-ruby の使い方については別の Web ページで詳しく説明しています。

◆ mecab と mecab-ruby パッケージのインストール(Ubuntu の場合のインストール手順例)

# mecab のダウンロードとビルドとインストール
cd /tmp
if [ ! -f mecab-0.98.tar.gz ]; then
  wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab/0.98/mecab-0.98.tar.gz
fi
tar -xvzof mecab-0.98.tar.gz
cd mecab-0.98
./configure --with-charset=utf-8
make
sudo make install

# mecab-ruby のダウンロードとビルドとインストール
cd /tmp
if [ ! -f mecab-ruby-0.98.tar.gz ]; then
  wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-ruby/0.98/mecab-ruby-0.98.tar.gz
fi
tar -xvzof mecab-ruby-0.98.tar.gz
cd mecab-ruby-0.98
ruby extconf.rb
make 
sudo make install

◆ senna のインストール(Ubuntu の場合のインストール手順例)

rm -rf senna-1.1.5
tar -xvzof senna-1.1.5.tar.gz
cd senna-1.1.5
./configure --with-mecab --with-encoding=utf8
make 
make install
cd bindings/ruby
ruby extconf.rb
make
sudo make install

  • mecab に関するテスト実行

    irb -Ku
    require 'rubygems'
    require 'MeCab'
    
    c = MeCab::Tagger.new()
    parsed = c.parse("I have a pen")
    

  • senna に関するテスト実行

    irb
    require 'senna'
    
    index = Senna::Index::create('index', 0, Senna::INDEX_NORMALIZE | Senna::INDEX_NGRAM, 0, Senna::ENC_UTF8 ) 
    key = "1"
    value = "これはペンです"
    index.upd(key, nil, value)
    key = "2"
    value = "これはケーキです"
    index.upd(key, nil, value)
    
    index.close
    
    index = Senna::Index::open('index') 
    
    p index.select('これは') 
    p index.select('これは').nhits  
    index.select('これは').each do |key, score|
      p key
      p score
    end
    
    index.close
    
    


    mechanize のインストール

    mechanize の使い方については別の Web ページで詳しく説明しています。

    1. 端末を起動

    2. Ruby の gem の更新

      先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

      sudo gem update
      

    3. 前提ソフトウエアのインストール

      ◆ Ubuntu での操作手順例

      cd /tmp
      sudo apt-get install libxslt-dev
      sudo apt-get install libwww-mechanize-ruby1.8
      sudo apt-get install libwww-mechanize-ruby1.9.1
      

    4. sudo gem install mechanize」の実行

      sudo gem install mechanize
      

      ◆ Ubuntu での実行結果の例

    5. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.

    6. テスト実行

      試しに使ってみます.

      irb -Ku
      require 'rubygems'
      require 'mechanize'
      
      agent = Mechanize::Mechanize.new                   
      page = agent.get("http://www.google.com");
      # 「p page」は,ページ表示
      # p page
      
      # フォーム
      page.forms[0].q = 'Eclipse インストール'                       
      search_results = agent.submit(page.forms[0])    
      puts search_results.body 
      

    progressbar, fastercsv, yaml2csv, json, spreadsheet, RubyInline, rjb, ruby-debug パッケージを gem を用いてインストール

    1. 端末を起動

    2. Ruby の gem の更新

      先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

      sudo gem update 
      

      数分待つ.途中で止まっているように見えるかも知れないが待つこと.

    3. rjb をインストールしたい場合には, 環境変数 JAVA_HOME を設定しておくこと

    4. gem を用いてインストール

      sudo gem install progressbar
      sudo gem install fastercsv
      sudo gem install yaml2csv
      sudo gem install json
      sudo gem install multi_json
      sudo gem install bcrypt-ruby
      sudo gem install spreadsheet
      sudo gem install RubyInline
      sudo gem install rjb
      sudo gem install ruby-debug
      

    ◆ progressbar を使ってみる

    
    irb
    require 'rubygems'
    require 'progressbar'
    bar = ProgressBar.new("progress", 8)
    10.times do |e|
      print e
      bar.inc
    end
    bar.finish
    

    ◆ fastercsv を使ってみる

    
    cd /tmp
    rm hoge.csv
    touch hoge.csv
    echo "1,100,1,2,3" >> hoge.csv
    echo "2,200,hoge,hoge2,hoge3" >> hoge.csv
    echo "3,300,\"a\",\"b\",\"x\"" >> hoge.csv
    echo "4,400,\"\"\"foo\",\"hoo2\"\"\"" >> hoge.csv
    
    irb
    require "csv"
    CSV.open("hoge.csv", "r") do |row|
      p row
    end
    

    ◆ yaml, json を使ってみる

    t = [
    {:key => 1, :value => { :year => 2011, :month => 10, :day => 26, :customer_name => 'kaneko', :product_name => 'orange A', :unit_price => 1.2, :qty => 10, :created_at => Time.now } }, 
    {:key => 2, :value => { :year => 2011, :month => 10, :day => 26, :customer_name => 'kaneko', :product_name => 'Apple M',  :unit_price => 2.5, :qty => 2,  :created_at => Time.now } }, 
    {:key => 3, :value => { :year => 2011, :month => 10, :day => 27, :customer_name => 'miyamo', :product_name => 'orange B', :unit_price => 1.2, :qty => 8,  :created_at => Time.now } }, 
    {:key => 4, :value => { :year => 2011, :month => 10, :day => 27, :customer_name => 'moyamo', :product_name => 'Apple L',  :unit_price => 3,   :qty => 3,  :created_at => Time.now } } ] 
    
    require 'rubygems'
    require 'yaml'
    y = t.to_yaml
    print y
    YAML.load( y )
    
    require 'json'
    j = JSON.dump( t )
    print j
    JSON.load( j )
    
    

    ◆ ruby-rdebug を使ってみる

    使用例の1

    irb
    require 'rubygems'
    require 'ruby-debug'
    debugger
    

    使用例の2

    ruby -rdebug hoge.rb 
    

    これで,list, help, break, cont, step, p, where, up, down などのコマンドを使うことができるようになる。


    Ruby の gem で MySQL パッケージ, pg パッケージ、SQLite3 パッケージをインストール

    MySQL パッケージ

    1. 端末を起動

    2. Ruby の gem の更新

      先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

      sudo gem update
      

    3. MySQL のインストール が済んでいること

      手っ取り早くインストールしたいときは,次のような手順になります.但し セキュリティの設定をしない限り, MySQL サーバを外部に公開してはいけない

      ■ Ubuntu の場合の操作手順(例)

      sudo apt-get install mysql-client
      sudo apt-get install libmysql-ruby
      

      ■ Fedora の場合の操作手順(例)

      yum install mysql-devel
      

    4. sudo gem install mysql」の実行

      これは,Ruby 用の MySQL パッケージをインストールしたいときの操作

      sudo gem install mysql
      

    5. インストール終了の確認

      エラーメッセージが出ていないことを確認する.

    pg パッケージ

    1. 端末を起動

    2. Ruby の gem の更新

      先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

      sudo gem update
      

    3. PostgreSQL のインストール が済んでいること

      手っ取り早くインストールしたいときは,次のような手順になります.但し セキュリティの設定をしない限り, PostgreSQL サーバを外部に公開してはいけない

      ■ Ubuntu の場合の操作手順(例)

      sudo apt-get install postgresql-8.4
      

    4. sudo gem install pg」の実行

      これは,Ruby 用の pg パッケージをインストールしたいときの操作

      sudo gem install pg
      

    5. インストール終了の確認

      エラーメッセージが出ていないことを確認する.

    SQLite3 パッケージ

    使い方の詳細は、別の Web ページ で説明しています.

    1. sudo gem install sqlite3-ruby」の実行

      これは,Ruby 用の SQlite 3 パッケージをインストールしたいときの操作

      sudo gem install sqlite3-ruby
      

    2. インストール終了の確認

      エラーメッセージが出ていないことを確認する.

      ■ Fedora の場合の実行結果例


    voltrb パッケージを gem を用いてインストール

    1. 端末を起動

    2. Ruby の gem の更新

      先に Ruby の gem ファイルを最新のものに更新したいので、端末で 「sudo gem update」を実行します.

      sudo gem update
      

    3. sudo gem install voltrb」の実行

      sudo gem install voltrb
      

    4. インストールできたかは,「gem list」の実行で確認できる.