トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> マイクロソフト Office 活用 -> マイクロソフト Office のフォーム
[サイトマップへ]

マイクロソフト Office のフォーム

Office フォームの作成

  1. Webブラウザを新しく開き、Office 365 にサインインする

    https://portal.office.com

  2. Forms」をクリック

  3. 新しいフォームを作成」をクリック

  4. 次の画面で、質問を編集したり、タイトルを付けたりできる。右上の「・・・」のアイコンは、設定を行うためのもの。

  5. フォームの作成を終えたら、「プレビュー」をクリックして、確認できる。

    ここで、フォーム回答者にどのように見えるかを事前確認できる

    画面が、プレビューの画面に変わる。

    ※ この画面で「送信」をクリックすると、フォーム回答の動作テストができる

    ※ 確認が終わったら、右上の「戻る」をクリックして戻る

  6. フォームの送信は、次の画面で行う

フォームの提出時に、本人確認メールを自動送信する

ユースケース:フォームの提出時に、提出者本人に「受理したこと」のメールを送りたい。それを自動化したい。

Flow を使う

  1. Flowを起動

  2. テンプレートから作成」を選べる画面が出ることがある。「テンプレートから作成」をクリック

  3. メールと SharePoint に対するフォームの処理」を検索する

  4. メールと SharePoint に対するフォームの処理」を選ぶ

  5. 画面が切り替わるので確認する。「続行」をクリック。

  6. いま作成されたフローのタイトルを変更する

  7. フォームIDの欄(2か所)フォームIDを設定する

  8. 電子メールの「宛先」を設定するために、フォームで電子メールアドレスを記入させる欄を指定する。

  9. 件名」、「本文」が設定できるので設定する

  10. SharePoint のリストに保存する設定

    保存しないときは、この「Create Item」自体を削除(右横の「...」で削除できる)

    保存するときは、「サイトのアドレス」、「リスト名」をメニューから選ぶ。SharePoint リストは事前に作成しておくこと

  11. 保存」をクリックして保存する

  12. 次のようなメールが回答者に届くようになる

Office フォームのコピー

ユースケース:以前作った Office フォーム、他の人が作ったOfficeフォームを書き換えて使いたい

  1. 自分のフォームとして利用したいので「共有」をクリック

  2. 複製のためのリンクを取得」をクリック

  3. コピー」をクリック

  4. このリンクの貼り付けをする準備ができました」と表示されるので確認する

  5. Webブラウザで新しくタブを新き、Office 365 にサインインする

  6. いま開いたWebブラウザで「URL」を入れるところを右クリックし、「貼り付け」の操作を行う (これは「4」でコピーした「リンク」を張り付ける操作)

  7. 「このフォームを複製して、自分自身のフォームとして使用できます」と出るので 「複製する」をクリック

  8. 画面が切り替わる

  9. この画面で、書き換えるのは簡単

  10. 設定を必ず確認しておく

  11. 以上終わったら、「プレビュー」をクリックして、確認できる。

    ここで、フォーム回答者にどのように見えるかを事前確認できる

    画面が、プレビューの画面に変わる。

    ※ この画面で「送信」をクリックすると、フォーム回答の動作テストができる

    ※ 確認が終わったら、右上の「戻る」をクリックして戻る

  12. フォームの送信は、次の画面で行う
※ 「送信」をクリックすると、フォーム回答の動作テストできる ※ 確認が終わったら、右上の「戻る」をクリックして戻る