トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で MSYS2 の C/C++/Fortran 環境を作る(Chocolatey を利用)
[サイトマップへ]  

Windows で MSYS2 の C/C++/Fortran 環境を作る(Chocolatey を利用)

ここで行うこと

目次

  1. 前準備
  2. Chocolatey のインストール
  3. Chocolatey を用いて、git, cmake, wget, 7zip をインストール
  4. Chocolatey を用いて、MSYS2 のインストール
  5. Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新
  6. MSYS2 の設定
  7. MSYS2 で gcc, g++, gfortran, gdb, cmake, make, subversion, findutils, ncurses, openssh をインストール

サイト内の関連Webページ

注意事項. Chocolatey を使うと、種々のソフトウエアのインストールが楽になります。 このとき、インストールしたソフトウエアの利用条件、ライセンス条項は必ず、確認すること.

特に、次のことに気をつけること

※ 「行いたい」というときには、それぞれのソフトウエアの利用条件、ライセンス条項を確認すること


前準備

Windows の 「アプリと機能」で、インストール済みのプログラムを見る。 次のソフトがある場合には、アンインストールする

今からインストールを行うので、混乱を防ぐため


Chocolatey のインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. Chocolatey の Web ページの記載の手順に従う.
  3. Web ブラウザで、Chocolatey の Web ページを開く

    https://chocolatey.org/

  4. Install Chocolatey Now」をクリック

    新しい画面に変わるので確認する

  5. 新しい画面 (Chocolatey の インストールWeb ページ)のコマンドをコピー

  6. 先ほど開いた Windows のコマンドプロンプトに貼り付ける

  7. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

Chocolatey を用いて、git, cmake, wget, 7zip をインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. git, cmake, wget, 7zip をインストール

    ※ 実行のとき、エラーメッセージが出ないことを確認すること

    choco install -y git
    choco install -y cmake.install
    choco install -y wget
    choco install -y 7zip
    

Chocolatey を用いて、MSYS2 のインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. MSYS2 をインストール

    ※ MSYS2 は C:\tools\msys2 にインストールされる

    choco install -y msys2
    

  3. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新

  1. 新しくWindows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. 更新の操作

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    choco upgrade -y all 
    

  3. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

MSYS2 の設定

  1. Windowsのシステム環境変数 MSYSTEMを次のように設定
    MINGW64
    

  2. Windowsのシステム環境変数 PKG_CONFIG_PATHを次のように設定
    /mingw64/lib/pkgconfig:/mingw64/share/pkgconfig
    

  3. Windowsのシステム環境変数 Pathに、次をすべてを追加

    末尾に追加がよいでしょう

    ※ もし Strawberry Perl をインストール済みのときは、Strawberry Perl のパス「C:\Strawberry\c\bin」よりも上(つまり先)になるように設定すると、トラブルが少ないでしょう

    C:\Tools\msys64\mingw64\bin
    C:\Tools\msys64\usr\local\bin
    C:\Tools\msys64\usr\bin
    C:\Tools\msys64\bin
    

  4. 環境変数 MSYSTEM, PKG_CONFIG_PATH の値を確認.
    echo %MSYSTEM%
    echo %PKG_CONFIG_PATH%
    

MSYS2 で gcc, g++, gfortran, gdb, cmake, make, subversion, findutils, ncurses, openssh をインストール

前もって、 MSYS2 のインストールと設定が終わっていること(この Webページの「Chocolatey を用いて、ソフトウエア類をインストールしてみる」が終わっているとします)

  1. 新しくWindows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. MSYS2 でパッケージをインストールしたい.

    今のコマンドプロンプトで,次のコマンドを1つずつ実行.

    ※ 「Enter a selection (defaulit=all) という質問には,既定(デフォルト)のままでよいので、Enter キー

    ※ 「Proceed with installation? [Y/n] という質問には,インストールを続けたいので、Y, Enter キー

    # pacman -Sy base-devel
    pacman -Sy msys2-devel
    pacman -Sy mingw-w64-i686-toolchain
    pacman -Sy mingw-w64-x86_64-toolchain
    pacman -Sy mingw-w64-i686-boost
    pacman -Sy mingw-w64-x86_64-boost
    pacman -Sy mingw-w64-i686-cmake
    pacman -Sy mingw-w64-x86_64-cmake
    pacman -Sy make
    pacman -Sy ccache 
    pacman -Sy subversion
    pacman -Sy findutils
    pacman -Sy ncurses-devel
    pacman -Sy openssh
    

  3. インストールできたかの確認をしたい

    新しくWindows のコマンドプロンプトを実行する.

    そして、次のコマンドを実行する

    ※ エラーメッセージが出なければ OK.

    where gcc
    where g++ 
    where gfortran
    where gdb
    where cmake
    where make
    where ccache
    where svn
    where locate
    where ssh