トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で OpenBLAS をソースコードからビルドして、インストールする(MSYS2 を使用)
[サイトマップへ]

Windows で OpenBLAS をソースコードからビルドして、インストールする(MSYS2 を使用)

目次

  1. 前準備
  2. Windows で OpenBLAS のダウンロードとビルドとインストール
  3. OpenBLAS の動作確認

サイト内の関連 Web ページ

謝辞

OpenBLAS の作者に感謝します


BLAS の機能の概要(ごく一部)


前準備

前準備として、次のインストールを終えておくこと

MSYS2 の C/C++/Fortran 環境, git, cmake

これらのインストールは、「Windows で MSYS2 の C/C++/Fortran 環境を作る(Chocolatey を利用)」で説明しています

MSYS2 配下の perl, pkg-config のインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを実行する.

  2. 次のコマンドを実行する
    pacman -Sy perl
    pacman -Sy pkg-config 
    

    (以下省略)

Windows で OpenBLAS をソースコードからビルドして,インストールする

参考 Web ページ https://github.com/xianyi/OpenBLAS/wiki/Installation-Guide

  1. OpenBLAS のウェブページを開く

    https://www.openblas.net/

  2. このウェブページで利用条件などを確認

    必ず、最新情報を確認すること

  3. Windows のコマンドプロンプトを実行する.

  4. OpenBLAS のインストールディレクトリを空にする
    mkdir C:\tools
    cd C:\tools
    rmdir /s /q OpenBLAS
    

  5. ソースコードのダウンロード
    cd C:\tools
    git clone https://github.com/xianyi/OpenBLAS.git
    

  6. gcc, gfortran のフルパスの確認
    where gcc
    where gfortran
    

  7. cmake の実行

    https://github.com/xianyi/OpenBLAS/wiki/Installation-Guide の記述による

    Windows の MSYS2 を使うので、 MSYS2 配下の 64 ビット版の cmake を使う.それがトラブルが少ない. (Windows での msys2 のインストール手順は、 windows_msys2dev.htmlに記載)

    cd C:\tools
    cd OpenBLAS
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    C:\tools\msys64\mingw64\bin\cmake .. -G "MSYS Makefiles" ^
        -DPKG_CONFIG_EXECUTABLE="C:/tools/msys64/mingw64/bin/pkg-config.exe" ^
        -DCMAKE_C_COMPILER="C:/tools/msys64/mingw64/bin/gcc.exe" ^
        -DCMAKE_Fortran_COMPILER="C:/tools/msys64/mingw64/bin/gfortran.exe" ^
        -DBUILD_WITHOUT_LAPACK=yes ^
        -DNOFORTRAN=0 -DDYNAMIC_ARCH=OFF ^
        -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:\tools\OpenBLAS" ^
        -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release 
    

  8. cmake の結果の確認

    エラーメッセージが出なければ OK.

  9. ビルド

    Windows の MSYS2 を使うときは、 次のように make を使う

    終わるまで待つ

    make -j2 all
    

  10. ビルド結果の確認

    エラーメッセージが出なければ OK.

  11. インストール

    「make install」でインストール.

    make install
    

  12. 終了の確認

    エラーメッセージが出なければ OK.

  13. C:\tools\OpenBLAS の下にファイルができるので確認する

  14. Windows のシステム環境変数 PathC:\tools\bin を追加

  15. Windows のシステム環境変数 OpenBLAS, OpenBLAS_HOMEC:\tools\OpenBLAS を設定

    これは OpenCV のビルドのときに利用される環境変数


OpenBLAS の動作確認

https://gist.github.com/xianyi/6930656 に掲載の プログラムを利用

Windows での確認手順と結果は次の通り

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. プログラムの準備

    https://gist.github.com/xianyi/6930656 に掲載の プログラムを利用. hoge.cのようなファイル名で保存.

  3. ビルドして実行
    gcc -I"C:\tools\OpenBLAS\include\openblas" -c -o hoge.o hoge.c
    gcc -L"C:\tools\OpenBLAS\lib" -o a.exe hoge.o -lopenblas
    .\a.exe