トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で eigen 最新版をソースコードからビルドし、インストールする(Microsoft Build Tools を使用)
[サイトマップへ]

Windows で eigen 最新版をソースコードからビルドし、インストールする(Microsoft Build Tools を使用)

Eigen は、次の機能を持つ C++ テンプレートライブラリ。SSEを使うように最適化されている。

目次

eigen, mercurial の利用条件などは、利用者が確認すること

サイト内の関連Webページ

謝辞

eigen, mercurial の作者に感謝します


前準備

cmake のインストール

前準備として,cmake のインストールが終わっていること.

Microsoft Build Tools for Visual Studio 2017 のインストール

(オプション)Boost のインストール

Boost と連携させたいときは、前もって Boost をインストールしておく

(オプション)NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットのインストール

CUDA と連携させたいときは、前もって、 NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットをインストールしておく.


mercurial のインストール

  1. mercurial の Web ページを開く

    https://www.mercurial-scm.org/

  2. Download now」をクリック

  3. ダウンロードが始まる

  4. ダウンロードしたインストーラを起動する

  5. ようこそ画面では「Next」をクリック

  6. ライセンス条項を確認する。

    同意出来る場合のみ続行する

  7. カスタムセットアップは既定(デフォルト)のままでよい.「Next」をクリック

  8. Install」をクリック

  9. インストール終了の確認

eigen のインストール(Microsoft Build Tools を使用)

  1. VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く

    ※ スタートメニューの「Visual Studio 2017」の下にある

    ※ 「Visual Studio 2017 がないときは、Microsoft Build Tools for Visual Studio 2017 のインストールを行う

  2. eigen のインストールディレクトリを削除する
    mkdir C:\tools
    cd C:\tools
    rmdir /s /q eigen
    

  3. eigen のソースコードをダウンロード

    http://eigen.tuxfamily.org/index.php?title=Main_Page の説明による

    cd C:\tools
    hg clone https://bitbucket.org/eigen/eigen/
    

  4. cmake の実行

    cmake でのオプションについて

    cmake の実行手順例は次の通り

    cd c:\tools
    cd eigen
    del CMakeCache.txt
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    cd build
    del CMakeCache.txt
    "C:\Program Files\Cmake\bin\cmake" -G "Visual Studio 15 2017 Win64" -T host=x64 ^
        -DCMAKE_INSTALL_PREFIX="C:\tools\eigen" ^
        -DEIGEN_TEST_CUDA=ON ^
        -DBoost_DIR="C:/tools/boost/stage/lib" ^
    ..
    

    上に示した「実行手順例」でのcmake でのオプションを調整するとしたら

  5. cmake の実行結果の確認

    ※ 下図のとおりになるとは限らない.自動設定がうまくいっていない場合は、1つ上の「cmake の実行」のところを、設定を変えてやり直す

  6. ソースコードからビルドし、インストールする
    "C:\Program Files\Cmake\bin\cmake" --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

  7. 実行結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.最後のほうに「0 エラー」のように表示されるのを確認.

  8. システム環境変数 EIGEN_ROOT の設定

    次のように設定する

    C:\tools\eigen