トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windowsでソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で CNTK for Python のインストール
[サイトマップへ]

Windows で CNTK for Python のインストール

目次

利用条件などは利用者において確認してください

サイト内の関連Webページ

参考 Web ページ: https://docs.microsoft.com/en-us/cognitive-toolkit/setup-windows-python?tabs=cntkpy26

謝辞:CNTK の作者に感謝します


前準備

Anaconda, git のインストール

前準備として,Python 開発環境のAnaconda, git のインストールが終わっていること.

以下,Windows での Anaconda と git をインストール済みであるものとして説明を続けます.


隔離された Python 環境の作成

  1. 今から作成するPython 環境の名前と、Pythonのバージョンを決めておく

  2. Windows のコマンドプロンプトを実行する.

  3. 隔離された Python 環境を作成する

    次のコマンドを実行

    conda create -n py36 python=3.6
    

  4. Python 環境が作成できたことを確認
    conda info -e 
    

これで、もとからの Python 環境と, 新規作成されたPython 環境(Python のバージョン 3.6名前は py36)の共存できた。


新規作成された Python 環境を使いたいとき


隔離された Python 環境で、インストールの前準備を行う

いま作成した Python 環境で、パッケージの更新などの前準備を行う

  1. Windows で、コマンドプロンプトを実行

  2. Python 環境を有効にする

    次のコマンドを実行

    activate py36 
    

  3. Anaconda の conda パッケージの更新、古い conda パッケージファイルの削除

    「conda config --remove channels conda-forge」は,conda のチャンネルに「conda-forge」が入っていたら削除する操作(エラーメッセージが出たとしても無視してください).

    conda config --remove channels conda-forge
    
    conda upgrade --all
    
    conda clean --packages
    

    (途中省略)

    (以下省略)

  4. conda の動作確認

    エラーメッセージが出ないことを確認

    conda info
    

隔離された Python 環境で、CNTK for Python のインストール

  1. VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く

    ※ スタートメニューの「Visual Studio 2017」の下にある

    ※ Visual Studio 2017 がないときは、Microsoft Build Tools for Visual Studio 2017 のインストールを行う

  2. Python 環境を有効にする

    「activate py36 」は Python 環境(名前はpy36)を有効にするためのコマンド(各自の環境の名前にあわせること

    activate py36 
    

    「Could not find conda environment: py36」というメッセージが出たときは、上の「隔離された Python 環境の作成」を行う

  3. 前提パッケージのインストール

    conda install -y numpy scipy h5py jupyter
    

  4. CNTK for Python のインストール
    pip install cntk 
    

  5. (オプション)CNTK for Python の GPU 対応版のインストール
    pip install cntk-gpu 
    

  6. インストールできたことの確認

    次を実行する。バージョン番号が表示されれば OK

    python -c "import cntk; print(cntk.__version__)"