トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> ラズベリーパイを使ってみよう -> Ubuntu で Raspbian システムを起動(QEMU, qemu-rpi-kernel を使用)
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Raspbian システムを起動(QEMU, qemu-rpi-kernel を使用)

RaspbianLinux システム (Debian ベース).ARM プロセッサで動く.

Ubuntu が動くパソコンは ARM プロセッサでないプロセッサが搭載されているので,QEMU を用いてプロセッサのエミュレーションを行う.

この Web ページでは,Ubuntu マシンで,Raspbian が動くまでの手順を図解で説明する.

目次

  1. Ubuntu で QEMU のインストール
  2. Qemu kernel for emulating Rpi on QEMU のダウンロード
  3. Raspbian のダウンロード
  4. Raspbian システムの起動
  5. Windows から Raspbian システムにログイン

謝辞

先人に感謝:


Ubuntu で QEMU のインストール

  1. 更新可能な全パッケージの更新
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -yV upgrade
    

  2. qemu のインストール
    sudo apt install -y qemu qemu-kvm qemu-system-arm 
    

    ※ 「続行しますか? [Y/n]」と表示されたときは,「y」キーを押してから「Enter」キー


Qemu kernel for emulating Rpi on QEMU のダウンロード

  1. GitHub の dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel のWebページを開く

    https://github.com/dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel

  2. stretch 系列の最新版と,versatile-pb.dtb をダウンロードしたい. まずは,stretch 系列の最新版を選ぶ

  3. ページが変わる.ダウンロードしたいので,「Download」をクリック.

  4. ダウンロードが始まる.ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.

  5. 前のWebページに戻る

  6. 今度は,versatile-pb.dtbを選ぶ

  7. ページが変わる.ダウンロードしたいので,「Download」をクリック.

  8. ダウンロードが始まる.ダウンロードしたファイルは,stretch 系列の最新版と同じディレクトリに置く

Raspbian のダウンロード

  1. 先ほどの Web ページ (https://github.com/dhruvvyas90/qemu-rpi-kernel) の指示を確認する.

  2. この記載に従い,次のWebページを開く

    国内のサイトからダウンロードすることにする。 http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/raspbian-2017-12-01/

  3. .zip ファイルを選ぶ

  4. ダウンロードが始まる.ダウンロードが終わるまでしばらく待つ.ダウンロードしたファイルは分かりやすいディレクトリに置く.

  5. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する. 展開(解凍)すると,.img ファイルができる.
    unzip 2017-11-29-raspbian-stretch.img
    

  6. この .img ファイルは,先ほどダウンロードした kernel-qemu-x.x.xx-stretch (Qemu kernel for emulating Rpi on QEMUのファイル)と同じディレクトリに置く.このディレクトリを覚えておく

Raspbian システムの起動

  1. 端末を開き,このディレクトリに移動する.

  2. その後,ls コマンドで,確かにファイルがあることを確認する.

  3. 端末で,次のコマンドを実行
    qemu-system-arm -kernel kernel-qemu-4.9.59-stretch -cpu arm1176 -m 256 -M versatilepb -dtb versatile-pb.dtb -no-reboot -append "root=/dev/sda2 panic=1 rootfstype=ext4 rw" -redir "tcp:10022::22"  -hda 2017-11-29-raspbian-stretch.img
    

  4. アプリ紹介

    ※ エミュレータなので遅いです.

  5. Raspbian システムの終了は,左上のメニューで「shutdown

Ubuntu から Raspbian システムにログイン

ここで行うこと

Rasbian システムで ssh サーバを稼働させる. その後,Windows から ssh サーバに接続してみる.

  1. Raspbian システムのメニューで「Terminal」を選ぶと端末が開く

  2. 端末で,次のコマンドを実行し,ssh サーバを開始する.あわせて IP アドレスを見ておく
    sudo service ssh start
    ifconfig -a
    

  3. 端末で,次のコマンドを実行

    ファイヤウオールを,ポート 10022/udp について解除する操作.

    sudo apt-get install -y ufw
    ufw allow 10022
    

  4. 端末から Raspeberry システムに ssh でログイン
    ssh -X -p 10022 pi@localhost
    

    ※ パスワード (password) は「raspberry

    ※ パスワードを入れるとき、画面には何も表示されない.これは正常動作.

    確認表示が出たら「Yes」でよい

  5. 「exit」で接続終了