トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Raspbian Stretch のインストール, セットアップ -> Raspberry Pi で pyenv のインストール
[サイトマップへ]

Raspberry Pi で pyenv のインストール

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

目次

  1. 前準備
  2. git, cmake, wget, 7zip のインストール
  3. pyenv のインストールと設定
  4. pyenv を用いて Python 3.6.8 のインストール
  5. 使用する Python の切り替え方法

サイト内の関連Webページ


前準備

Raspbian のインストール

Raspbian のインストールについては、 「Raspbian のインストール, Windows からアプリを開く」のページで説明しています

Raspbian のシステム更新

最初に、Raspbian のシステム更新などを行っておく

端末で、次を実行

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo rpi-update
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now

Raspbian の初期設定

Raspbian の初期設定については、 「Raspbian の初期設定」のWebページで説明しています


git, cmake, wget, 7zip のインストール

次のコマンドを実行.

sudo apt -yV install git cmake wget p7zip

pyenv のインストールと設定

  1. pyenv のダウンロード (Download pyenv)
    cd /tmp
    git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
    

  2. pyenv の更新 (Updata pyenv)
    cd ~/.pyenv
    git pull
    

  3. pyenv の設定 (Settings of pyenv)
    echo 'export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"' >> ~/.bashrc
    echo 'if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then' >> ~/.bashrc
    echo '    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
    echo '    eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
    echo 'fi' >> ~/.bashrc
    exec $SHELL -l
    

  4. pyenv でインストールするPython のバージョンを確認してみる
    pyenv rehash 
    pyenv install -l 
    


pyenv を用いて Python 3.6.8 のインストール

  1. 新しく端末を開く

  2. システムの python のバージョンの確認
    which python
    python --version 
    

    実行結果の例

  3. インストールするPython のバージョンの確認
    pyenv rehash 
    pyenv install -l 
    

  4. インストールできる Python 3 のバージョンの確認
    pyenv install -l | grep 3.
    

  5. Python 3.6.8 のビルドとインストールと設定 (pyenv を使用)

    しばらく待つ

    sudo apt install libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev 
    pyenv install 3.6.8 
    

  6. 確認
    pyenv versions
    

    複数のPython がインストールされていることが分かる。


使用する Python の切り替え方法

使用する Python の切り替えは 次のコマンドで行う