トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Raspbian Stretch のインストール, セットアップ -> Windows から MobaXterm Personal 版 + VNC を用いて、Raspberry Pi を簡単操作
サイトマップへ]

Windows から MobaXterm Personal 版 + VNC を用いて、Raspberry Pi を簡単操作

金子邦彦研究室: データベース、人工知能(AI)、データサイエンスの融合により不可能を可能にする

目次

  1. 前準備
  2. Raspbian 側の設定
  3. Windows から MobaXterm を用いて Raspberry Pi にリモート接続してみる
  4. Windows から Real VNC Viewer を用いて VNC 接続

サイト内の関連ページ: ラズベリーパイを使ってみよう

参考 Web ページ: https://www.raspberrypi.org/documentation/remote-access/vnc/


前準備


Raspbian 側の設定

VNC サーバを有効にする

  1. raspi-configの実行
    sudo raspi-config
    

  2. 5 Interfacing Options Configure connections to peripherals」を選ぶ

  3. P3 VNC Enable/Disable graphical remote ...」を選ぶ

  4. Yes」を選ぶ

  5. 確認表示が出るので確認する

  6. Tab キーで操作して、「Finish」を選ぶ

VNC パスワードの設定

  1. 「sudo -i」を実行して、管理者権限を得る

  2. /root/.vnc/config.d/vncserver-x11 を編集。に次の行を追加する
    Authentication=VncAuth
    

  3. 次のコマンドを実行し,VNC パスワードを2回(同じものを2回)入れる

    ※ パスワードが表示されないのは正常動作である

    sudo vncpasswd -service 
    

Windows から MobaXterm を用いて Raspberry Pi にリモート接続してみる

  1. Raspberry Pi を起動.ネットワークケーブルで、同一LANの内に接続しておく

  2. Windows で MobaXTerm を起動する

    ※ 「MobaXTerm のインストール」については、別のページで詳細を示しています

    MobaXterm の Web ページ: https://mobaxterm.mobatek.net/

  3. VNC」をクリック

  4. raspberrypi.local」を設定し、「OK」をクリック

  5. VNC パスワードを入れる

  6. 次の警告表示が出たときは,接続したいので「OK」をクリック

  7. リモートデスクトップが表示されるので確認する

Windows から Real VNC Viewer を用いて VNC 接続

Windows で Real VNC Viewerを用いて VNC 接続する

  1. Real VNC Viewer を起動

  2. 「raspberrypi.local」あるいは IP アドレスを指定して,Enter キー

  3. VNC パスワードを入れる

  4. リモートデスクトップが表示されるので確認する