トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Windows で開発環境やツールを整備 -> Windows で SDL をビルドとインストール(Windows 上の Cygwin を使用)
[サイトマップへ]  

Windows で SDL をビルドとインストール(Windows 上の Cygwin を使用)

SDL とは,「Simple DirectMedia Layer」の略で, 次の機能を持ちます.

3次元グラフィックスボードは,OpenGL を経由して使用します. SDL は,種々の OS (Linux, WInodws, MacOS, FreeBSD などなど)で動きます. SDL は C 言語で書かれ,C++ からも使えます.Java, Perl, PHP, Python 等等の種々の言語からも使えます.

参考 Web ページ: http://cefiro.homelinux.org/topics/SDL/setup-win32-cygwin.html

この Web ページでは, Windows での SDL のビルドとインストールを行います.


インストール手順

SDL のコンパイルに必要なソフトウエア等を Cygwin のパッケージを使ってインストール

Cygwin のセットアッププログラム setup.exe を使って, SDL をソースプログラムからコンパイルするのに必要となる他のソフトウエアをインストールします.簡単にインストールできます.

  1. セットアッププログラムの開始

  2. パッケージ選択画面 (Select Packages)」(下図)まで進む

  3. パッケージ選択画面で,パッケージを選ぶ

    下記のパッケージを選ぶ.

    「keep」になっている場合には,インストール済みなので,keep のままでよい.

  4. 終了の確認


SDL のソースコードのダウンロードと解凍

  1. SDL の Web ページを開く

    http://www.libsdl.org/index.php

  2. 「Download」のところの「SDL 1.2」をクリック

  3. ソースコードが欲しいので,この Web ページの「Source Code」のところにある「SDL-1.2.14.tar.gz」をクリックする.

  4. ダウンロードしたファイルは Cygwin の /tmp に置く.

SDL のビルドとインストール

  1. directx-devel.tar.gz の入手と展開

    http://www.libsdl.org/extras/win32/cygwin/ から directx-devel.tar.gz を入手.Cygwin の /tmp に置く.

  2. Cygwin のコンソールを起動

    これ以降の作業は,Cygwin のコンソール で行います.

  3. 解凍.Cygwin のコンソールで次の操作を行う
    cd /usr
    tar -xvzof /tmp/directx-devel.tar.gz
    

  4. 先ほどダウンロードしたSDL-1.2.14.tar.gz の解凍
    cd /tmp
    tar -xvzof SDL-1.2.14.tar.gz
    

  5. configure の実行

    引き続き,Cygwin のコンソール で次の操作を行う.

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

    cd /tmp
    cd SDL-1.2.14
    CC=gcc-3 CFLAGS="-I/usr/include/w32api -I/usr/include/mingw -mno-cygwin" ./configure --enable-directx
    

  6. configure の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  7. make の実行
    make
    

  8. make の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  9. make install の実行
    make install
    

  10. make install の結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  11. テストプログラムのビルド
    cd test
    CC=gcc CFLAGS="-I/usr/include/w32api -I/usr/include/mingw -mno-cygwin" ./configure --enable-directx
    make
    

  12. ビルドの結果の確認

    ※ エラーメッセージが出ないことを確認すること.

  13. 試しにテストプログラムを実行してみる
    ./testgl
    

    ./testdyngl