トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Windows で開発環境やツールを整備 -> Windows で ITK のビルドとインストール(Windows の Visual Studio を使用)
[サイトマップへ]  

Windows で ITK のビルドとインストール(Windows の Visual Studio を使用)

ITK (The Insight Segmentation and Registration Toolkit) とは,次の機能を持ったソフトウエア.

この Web ページでは,ITK 内のソフトウエアである MultiResMIRegistration を使った位置あわせまでを行います.

関連 Web ページ


前準備

前もってインストールしておくべきソフトウエア


ITK のビルドとインストール

  1. ITKをダウンロードする

    http://voxel.dl.sourceforge.net/sourceforge/itk/InsightToolkit-3.14.0.zip

  2. Cドライブ直下に解凍する

  3. CMAKEを起動

    次のように設定する.

    Where is the source code: 	C:/InsightToolkit-3.14.0
    Where to build the binaries:	C:/ITK
    

    その後,次のように操作する.

    1. Configureを押す
    2. →(ディレクトリ作成)Yesを押す
    3. →(コンパイラの選択)Visual Studio 9 2008を選択、Use default native compilersを選択、Finishを押す
    4. →CMAKEのタブのC_MAKE_INSTALL_PREFIXをC:/ITKに変更
    5. →Generateを押す

  4. C:/ITK/ALL_BUILD.vcprojを起動

  5. ビルド

    ALL_BUILDのビルドを選択


ITK Applications のビルドとインストール

  1. ITK Applications をダウンロードする

    http://voxel.dl.sourceforge.net/sourceforge/itk/InsightApplications-3.14.0.zip

  2. Cドライブ直下に解凍する

  3. CMAKEを起動

    次のように設定する.

    Where is the source code: 	C:/InsightToolkit-3.14.0
    Where to build the binaries:	C:/ITKapp
    Grouped Viewを選択
    

    その後,次のように操作する.

    1. Configureを押す
    2. →(ディレクトリ作成)Yesを押す
    3. →(コンパイラの選択)Visual Studio 9 2008を選択、Use default native compilersを選択、Finishを押す
    4. →CMAKEのタブのC_MAKE_INSTALL_PREFIXをC:/ITKappに変更
    5. →USEタブのUSE_FLTKにチェックを入れる
    6. →USEタブのUSE_VTKにチェックを入れる
    7. →(オプション)CMAKE_CXX_FLAGSの/Zm 1000を削除
    8. →(オプション)CMAKE_C_FLAGSの/Zm 1000を削除
    9. →Configureを押す
    10. →Configureを押す
    11. →Generateを押す

  4. C:/ITKapp/ MultiResMIRegistration/ MultiResMIRegistration.vcprojを起動

  5. ビルド

    ALL_BUILDのビルドを選択

  6. 確認

    C:/ITKapp/MultiResMIRegistration/DebugにMultiResMIRegistration.exeが生成されていることを確認する.


MultiResMIRegistration の実行

参考資料

C:/InsightApplications-3.14.0/MultiResMIRegistration/ReadMe.pdf

  1. 位置合わせする画像2つを C:\ITKapp3\MultiResMIRegistration\Debug にコピー

  2. パラメータファイルCT_MRI_param.txtを作成
    --------- CT_MRI_param.txt の中身-----------
    xxCT.mhd
    MRI.mhd
    0 1 2
    0 0 0
    3
    4 4 4
    4 4 4
    2500 2500 2500
    1e-4 1e-005 5e-006
    320
    Registered_MRI.hdr
    ----------------------------------------------------------
    

  3. コマンドプロンプトを起動し,次のコマンドを実行
    cd C:\ITKapp3\MultiResMIRegistration\Debug
    MultiResMIRegistration.exe CT_MRI_param.txt
    

    実行結果の例

    実行結果の例