トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Windows で開発環境やツールを整備 -> Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition のインストールと動作チェック
[サイトマップへ]  

Microsoft Visual C++ 2010 Express Edition のインストールと動作チェック

 

インストール

  1. Web ページを開く

    http://www.microsoft.com/visualstudio/eng/downloads

  2. 「Visual C++ 2010 Express」をクリック

  3. 「今すぐインストール」をクリック

  4. ファイルがダウンロードされる

  5. ダウンロードしたファイルを起動

  6. ようこそ画面

    次へ」をクリック

  7. ライセンス条項

    ライセンス条項を確認の上,「次へ」をクリック

  8. インストールオプション

    特にこだわりがなければ,デフォルトのままでよい.「次へ」をクリック

  9. インストールの開始

    特にこだわりがなければ,デフォルトのままでよい.「次へ」をクリック

    インストールが始まる

テスト実行

  1. Microsoft Visual C++ Express Edition の起動

    「ファイル」 → 「新規作成」 → 「プロジェクト」

  2. Win32 コンソールアプリケーションを選んだ後,プロジェクト名を付ける

    「Win32」 → 「Win32 コンソールアプリケーション」と操作した後, プロジェクト名を付け,「OK」をクリック

    プロジェクト名は何でも良い

  3. エディタのウインドウを使い,ソースプログラムを入力
    include "StdAfx.h"
    
    int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
    {
    	int ch;
    	printf( "hello world\n" );
    	ch = getchar();
    	return 0;
    }
    

  4. ビルド

    プロジェクト名(下の画面では「hoge」)を右クリックし, 「ビルド」と操作する

    ビルドの正常終了を確認する.

  5. デバッグ開始

    「デバッグ」→「デバッグ開始」 (またはF5キー) ウインドウが現れるので,結果を確認.任意のキーを押して終了.