トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> Windows で、種々のソフトウエア(データベース,人工知能,プログラミング,その他情報工学関係)をインストール(Chocolatey を利用)(書きかけ)
[サイトマップへ]  

Windows で、種々のソフトウエア(データベース,人工知能,プログラミング,その他情報工学関係)をインストール(Chocolatey を利用)(書きかけ)

ここで行うこと

目次

  1. 前準備
  2. Chocolatey のインストール
  3. Chocolatey を用いて、種々のソフトウエア類をインストール
  4. Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新
  5. インストールしたソフトウエア類に関する設定
  6. CaptureD, netcat, sqliteman のインストール
  7. Chocolatey を用いて、Visual Studio 2017 Community をインストール
  8. Python にtensorflow, keras, numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython, msgpack, mtcnn, imutils, Dlib, face_recognition のインストール
  9. OpenCV 4.0/3.4 のインストール

注意事項. Chocolatey を使うと、種々のソフトウエアのインストールが楽になります。 このとき、インストールしたソフトウエアの利用条件、ライセンス条項は必ず、確認すること.

特に、次のことに気をつけること

※ 「行いたい」というときには、それぞれのソフトウエアの利用条件、ライセンス条項を確認すること


前準備


Chocolatey のインストール

Chocolatey の Web ページの記載の手順に従う.

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.
  2. Web ブラウザで、Chocolatey の Web ページを開く

    https://chocolatey.org/

  3. Install Chocolatey Now」をクリック

    新しい画面に変わるので確認する

  4. 新しい画面 (Chocolatey の インストールWeb ページ)のコマンドをコピー

  5. 先ほど開いた Windows のコマンドプロンプトに貼り付ける

  6. 実行の結果,エラーメッセージが出ていないことを確認する.

Chocolatey を用いて、種々のソフトウエア類をインストール

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. 次のコマンドを実行

    ※ エラーメッセージが出た場合:該当部分を再度実行すると、うまく行くことがある。

    # git, cmake, wget, 7zip をインストール
    choco install -y git cmake.install wget 7zip
    
    # Anaconda, Python 2 をインストール
    choco install -y anaconda3 python2
    # Anaconda の conda パッケージの更新、古い conda パッケージファイルの削除
    C:\tools\Anaconda3\Scripts\conda config --remove channels conda-forge
    C:\tools\Anaconda3\Scripts\conda upgrade --all
    C:\tools\Anaconda3\Scripts\conda clean --packages
    
    # Chocolatey の GUI をインストール
    choco install -y ChocolateyGUI
    
    # ファイル、ストレージ用ツールとして Everything, rufus, etcher, sdformatter をインストール 
    choco install -y everything
    choco install -y rufus
    choco install -y etcher
    choco install -y sdformatter
    
    # エディタとしてemacs, notepad++, geany のインストール
    choco install -y emacs
    choco install -y notepadplusplus.install
    choco install -y geany 
    
    # firefox と Google Chrome Web ブラウザをインストール
    choco install -y firefox
    choco install -y googlechrome
    
    # ネットワークツールとして、mobaxterm, FileZilla  (ファイル転送), Wireshark (ネットワーク), AWS Command Line Interface (AWS), Google Earth, RealVNCViewer (リモート接続) をインストール
    choco install -y mobaxterm
    choco install -y filezilla
    choco install -y wireshark
    choco install -y awscli
    choco install -y googleearth
    choco install -y realvnc
    
    # 各種ツール類として、Paint.NET, Graphviz (グラフデータ構造可視化), Adobe Reader DC (PDF), GitHub Desktop, HWiNFO (ハードウエア情報)をインストール
    choco install -y paint.net
    choco install -y graphviz
    choco install -y adobereader
    choco install -y github
    choco install -y hwinfo.install 
    
    # Python プログラム開発環境として nteract をインストール
    choco install -y nteract
    
    # Python プログラム開発環境として,C# 実装の Python 処理系である ironpython をインストール 
    choco install -y ironpython
    ipy -X:Frames -m ensurepip 
    
    # Java JDK 8, Apache Ant をインストール
    choco install -y jdk8
    choco install -y ant
    
    # Java 関連として BlueJ, Java 開発環境 Eclipse をインストール
    choco install -y bluej
    choco install -y eclipse
    
    # Android として
    choco install -y androidstudio
    choco install -y android-sdk 
    
    # JavaScript のため nodejs, yarn をインストール 
    choco install -y nodejs.install
    choco install -y yarn
    
    # R システムとして、Microsoft R Open と RStudio をインストール
    choco install -y microsoft-r-open
    choco install -y r.studio
    
    # GNU Octave 
    choco install -y octave 
    
    # Strawberry Perl
    choco install -y strawberryperl 
    
    #  Docker CE (Community Edition) for Windows  をインストール 
    choco install -y docker-for-windows
    
    # データベース管理システムとしてSQLite3, DB Browser for SQLite (sqlitebrowser), Redis 64bit をインストール
    choco install -y sqlite
    choco install -y sqlitebrowser
    choco install -y redis-64
    
    # 3次元コンピュータグラフィックスとして、Blender, POV-ray, MeshLab, MakeHuman をインストール
    choco install -y blender
    choco install -y pov-ray
    choco install -y meshlab
    choco install -y makehuman
    
    # グラフィックス、ペイントとしてInkscape, GIMP をインストール
    choco install -y inkscape
    choco install -y gimp
    
    # 画像、ビデオ、音声用ツールとして imagemagick, ffmpeg, winff, VLC media player (メディア), Openshot, K-Lite Codec Pack Full をインストール
    choco install -y imagemagick
    choco install -y ffmpeg
    choco install -y winff
    choco install -y vlc
    choco install -y openshot
    choco install -y k-litecodecpackfull 
    
    # 設計として、FreeCAD をインストール
    choco install -y freecad
    
    # Epic Game Launcher 
    choco install -y epicgameslauncher 
    
    # Unity, Unity Standard Assets, Unity Linux Target Support, Unity iOS Target Suport, Unity Android Target Suportをインストール
    choco install -y unity
    choco install -y unity-standard-assets
    choco install -y unity-linux
    choco install -y unity-ios
    choco install -y unity-android
    
    # llvm をインストール
    choco install -y llvm
    
    # MSYS2 をインストール, MSYS2 は C:\tools\msys2 にインストールされる
    choco install -y msys2 
    
    # Microsoft Sysinternals 
    choco install -y sysinternals 
    

  3. デスクトップにアイコンが増えるので確認

Chocolatey でインストール済みのパッケージを一括更新

  1. 新しくWindows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. 更新の操作

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    choco upgrade -y all 
    

インストールしたソフトウエア類に関する設定

  1. Windowsのシステム環境変数 OPENCV_DIRを次のように設定

    システム環境変数 OPENCV_DIR がないときは、 「新規」をクリックして新規作成する

    C:\Tools\opencv
    

    Windowsの画面の表示では、次のように、円マークになる

  2. Windowsのシステム環境変数 R_HOMEを次のように設定 < div class="code">
    C:\Program Files\Microsoft\R Open\R-3.5.1
    

  3. Windowsのシステム環境変数 JAVA_HOMEを次のように設定
    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_191
    

  4. Windowsのシステム環境変数 ANT_HOMEを次のように設定
    C:\ProgramData\chocolatey\lib\ant\apache-ant-1.10.5
    

  5. Windowsのシステム環境変数 ANT_ROOTを次のように設定
    C:\ProgramData\chocolatey\lib\ant\apache-ant-1.10.5
    

  6. Windowsのシステム環境変数 MSYSTEMを次のように設定
    MINGW64
    

  7. Windowsのシステム環境変数 PKG_CONFIG_PATHを次のように設定
    /mingw64/lib/pkgconfig:/mingw64/share/pkgconfig
    

  8. Windowsのシステム環境変数Path先頭部分の設定

    ※ システムの環境変数Pathは、すでに存在するはずなので、編集

    先頭部分が次のようになるように編集

    ※ すでに、Pathのなかに、一部分含まれているときは、 その部分を並び変えて、下の順序に一致させる

    C:\Program Files\Git\cmd
    C:\Program Files\CMake\bin
    C:\Tools\Anaconda3
    C:\Tools\Anaconda3\Library\mingw-w64\usr\bin
    C:\Tools\Anaconda3\Library\usr\bin
    C:\Tools\Anaconda3\Library\bin
    C:\Tools\Anaconda3\scripts
    C:\Python27\Scripts
    C:\Python27\
    C:\ProgramData\chocolatey\bin
    C:\tools\misc
    C:\Tools\opencv\bin
    C:\Tools\opencv\build\install\x64\vc15\bin
    C:\Tools\msys64\mingw64\bin
    C:\Tools\msys64\usr\local\bin
    C:\Tools\msys64\usr\bin
    C:\Tools\msys64\bin
    C:\Program Files\ImageMagick-7.0.8-Q16
    C:\Program Files\Everything
    C:\Program Files (x86)\WinFF
    C:\Program Files\nteract
    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_191\bin
    C:\Program Files\Java\jre1.8.0_191\bin
    C:\Program Files\Microsoft\R Open\R-3.5.1\bin\x64
    C:\Program Files\RStudio\bin
    
    C:\Program Files\CMake\bin
    C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC
    C:\Program Files\Everything
    C:\Program Files\HWiNFO64
    %APPDATA%\local\program\etcher
    C:\Program Files\FileZilla FTP Client
    C:\Program Files\Mozilla Firefox
    C:\Program Files\Google\Chrome\Application
    C:\Program Files\RealVNC\VNCViewer
    C:\Program Files (x86)\Mobatek\MobaXTerm
    

  9. システム環境変数 Path の確認をしたい.

    新しくWindows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

    そして、次のコマンドを実行する

    ※ エラーメッセージが出なければ OK.

    where git
    where git-gui
    where cmake
    where cmake-gui
    where magick
    where ffmpeg
    where 7z
    where everything
    where winff
    where emacs
    where notepad++
    where python
    where ipython
    where pip
    where conda
    where ipy
    where npm
    where javac
    where spyder
    where nteract
    where wget
    where curl
    

  10. 環境変数 MSYSTEM, PKG_CONFIG_PATH の値を確認.

    下と違った結果が表示される場合には、今後の作業はうまく行かない可能性あり。

    echo %MSYSTEM%
    echo %PKG_CONFIG_PATH%
    

  11. Python の numpy パッケージがインストールできることの確認

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import numpy; print( numpy.__version__ )"
    

    このとき 「Original error was: DLL failed: 指定されたモジュールが見つかりません」 というエラーメッセージが出ることがある.

    Windows のシステム環境変数 Path に「C:\Tools\Anaconda3\Library\bin」を含めてから、 新しいコマンドプロンプトで実行してみる



CaptureD, netcat, sqliteman のインストール

Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行し、 次のコマンドを実行
C:
mkdir C:\tools\misc
cd C:\tools\misc
# CatpureD
rm -f captured.zip
wget http://ftp.vector.co.jp/45/55/1860/captured.zip
7z x captured.zip
mv Captured/*.pdf .
mv Captured/*.txt .
mv Captured/Captured/* .
rm -rf Captured
rm -f captured.zip
# netcat 
rm -f master.zip
wget https://github.com/diegocr/netcat/archive/master.zip
7z x master.zip
mv netcat-master/nc.exe .
rm -rf netcat-master
rm -f master.zip
# sqliteman 
rm -f Sqliteman-1.2.2-win32.zip
wget https://sourceforge.net/projects/sqliteman/files/sqliteman/1.2.2/Sqliteman-1.2.2-win32.zip
7z x Sqliteman-1.2.2-win32.zip
mv Sqliteman-1.2.2/* .
rm -rf Sqliteman-1.2.2
rm -f Sqliteman-1.2.2-win32.zip

※ 「wget がないよ!」と表示されたときは、上の「choco install -y wget」をやり直す、


Chocolatey を用いて、Visual Studio 2017 Community をインストール

※ ライセンスについては、 https://www.visualstudio.com/ja/license-terms/mlt553321/ を確認すること。 利用には条件があります

Visual Studio 2017 Community の使用にあたっては、 Microsoft アカウントの作成を検討してください。 作成方法は、 https://www.visualstudio.com/ja/license-terms/mlt553321/ に記載されています. そして、Visual Studio 2017 Community を初めて使用するときに、 サインインして、その後、Microsoft アカウントを設定して下さい。 設定できたかどうかは、「ファイル」→「アカウント設定」で確認できます

  1. Windows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. Visual Studio Community 2017 をインストール

    ※ 実行のとき、エラーメッセージが出ないことを確認すること

    choco install -y visualstudio2017community
    

  3. C++ についての設定をしたいので、Visual Studio Installer (Visual Studio インストーラー)を起動

  4. Visual Studio Community 2017 の画面で「変更」をクリック

  5. C++ によるデスクトップ開発」を選び、右下の「変更」をクリック

  6. インストールが始まる.しばらく待つ.

  7. 画面の表示に従い、Windowsを再起動する

  8. 今度は、Visual Studio 2017 を起動

  9. Visual Studio 2017 で「サインイン」をクリック

    Microsoft アカウントを持っていないときは、 「作成してください」をクリックして、 Microsoft アカウントを作成

  10. Microsoft アカウントでサインイン操作している

    エラーメッセージが出なければ OK


Python にtensorflow, keras, numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython, imutils, msgpack, mtcnn, Dlib, face_recognition のインストール

前準備として、 この Webページの 「Chocolatey のインストール」と 「Chocolatey を用いて、ソフトウエア類をインストール」 が終わっているとします.

  1. 新しくWindows のコマンドプロンプトを管理者として実行する.

  2. Anaconda 配下の Python の pip の更新

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    del get-pip.py
    wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    python get-pip.py
    

    「wget がないよ!」と表示されたときは、上の「choco install -y wget」をやり直す、

    ※ 「Proceed ([y]/n)?」と表示されたら, y + Enter で続行する.「反応が遅いなあ」と思ったら、Enter キーを押してみる.

  3. Anaconda の conda パッケージの更新、古い conda パッケージファイルの削除

    「conda config --remove channels conda-forge」は,conda のチャンネルに「conda-forge」が入っていたら削除する操作(エラーメッセージが出たとしても無視してください).

    conda config --remove channels conda-forge
    conda upgrade --all
    conda clean --packages
    

  4. conda の動作確認

    エラーメッセージが出ないことを確認

    conda info
    

  5. Keras, TensorFlow, OpenCV, spyder のインストール

    時間がかかるので待つ

    ※ 「conda install」は、パッケージをインストールするためのコマンド

    conda install -y tensorflow keras spyder opencv 
    

  6. (オプション) TenforFlow GPU 版のインストール

    ※ 動作には、 CUDA Compute Capability 3.0 は以上に適合するグラフィックスカード、NVIDIA グラフィックスカードのドライバのインストールが必要です

    conda install -y tensorflow-gpu cudnn cudatoolkit
    

  7. インストール済み conda パッケージの表示

    conda list 
    

  8. tensorflow のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import tensorflow as tf; print( tf.__version__ )"
    

  9. keras のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import keras; print( keras.__version__ )"
    

  10. numpy, scipy, h5py, sciklit-learn, scikit-image, matplotlib, pandas, pillow, jupyter, pytest, docopt, pyyaml, cython, imutils のインストール
    conda install -y numpy scipy h5py scikit-learn scikit-image matplotlib seaborn pandas pillow
    conda install -y jupyter pytest docopt pyyaml cython
    
    pip install git+https://github.com/jrosebr1/imutils
    pip show imutils
    

  11. msgpack, Dlib, face_recognition, mtcnn のインストール

    この手順では、dlib のビルドなどで、Visual Studio 2017 の C++ を使います.ですので、Visual Studio 2017 の C++ のインストールが終わっていること.このWebページの上の方に、インストール手順を載せています.

    この手順では、dlib のビルドなどで、Visual Studio 2017 の C++ を使います.ですので、Visual Studio 2017 の C++ のインストールが終わっていること.このWebページの上の方に、インストール手順を載せています.

    pip install git+https://github.com/davisking/dlib 
    pip show dlib
    pip install git+https://github.com/ageitgey/face_recognition
    pip show face_recognition
    pip install msgpack 
    pip show msgpack 
    pip install mtcnn 
    pip show mtcnn 
    

  12. dlib のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import dlib; print( dlib.__version__ )"
    

  13. face_recognition のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import face_recognition; print( face_recognition.__version__ )"
    

  14. mtcnn のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ バージョン番号が表示されれば OK.下の図とは違うバージョンが表示されることがある

    python -c "import mtcnn; print( mtcnn.__version__ )"
    

  15. imutils のバージョン確認

    Windows のコマンドプロンプトで、次のコマンドを実行

    ※ imutils を使うには OpenCV が必要なので、このページの下にある「OpenCV のインストール」を参考に、OpenCV のインストールを行う

    python -c "import imutils; print( imutils.__version__ )"
    

OpenCV 4.0/3.4 のインストール

前準備として、 この Webページの 今までの手順がすべて終わっているとします.

OpenCV 4.0 事前公開版, OpenCV 3.4.3 の 2つについてインストール手順を説明します.どちらかをインストールするものとします‥

OpenCV 4.0 事前公開版のインストール

  1. VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く

    ※ スタートメニューの「Visual Studio 2017」の下にある

    ※ 「Visual Studio 2017 がないときは、上の「choco install -y visualstudio2017community」をやり直す、

  2. 最初に Python 3 のバージョンを調べる

    バージョン 3.6 系列なのか、バージョン 3.7 系列なのか、調べる.この情報はあとで使う.

    python
    exit() 
    

  3. Python 2 の pip の更新

    コマンドプロンプトで,次のコマンドを実行

    del get-pip.py
    wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    C:\Python27\python get-pip.py
    

  4. Python 2 にnumpy パッケージをインストール
    C:\Python27\Scripts\pip install numpy
    

  5. Python の flake8 パッケージをインストール
    C:\Python27\Scripts\pip install flake8
    conda install -y flake8
    

  6. OpenCV 4.0 事前公開版のソースコードをダウンロードし,準備をする

    ※ 途中で画面表示が止まったように見える場合には、Enter キーを押す

    mkdir C:\tools
    C:
    cd C:\tools 
    rmdir /s /q opencv
    rmdir /s /q opencv_contrib
    git clone https://github.com/opencv/opencv.git
    git clone https://github.com/opencv/opencv_contrib.git
    cd opencv
    mkdir build
    

  7. cmake の実行

    下の手順は「cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64"」とある通り、Visual Studio 2017 を使う場合の手順であり、64 ビットに設定している

    「C:\tools」ではなくて「C:/tools」のようにしている. 「\」は使わずに「/」を使う. これは、opencv_contrib の modules 下の cmake のエラーを回避するため.

    -DPYTHON2_LIBRARY=C:/Python27/libs/python27.lib」と 「-DPYTHON3_LIBRARY=C:/tools/Anaconda3/libs/python37.lib」は、 実際の自分のパソコンのファイル名を調べ、 実際に存在するファイル名を設定すること

    ※ 先ほど調べた Python のバージョンが、Python 3.6 系列のときは「python36.lib」となり、 Python 3.7 系列のときは「python37.lib」となる.

    C:
    cd C:\tools\opencv\build 
    del CMakeCache.txt
    cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64" -T host=x64 ^
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE ^
    -DOPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=C:\tools\opencv_contrib\modules ^
    -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_PYTHON=ON ^
    -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON ^
    -DBUILD_opencv_python2=ON ^
    -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE=C:/tools/Anaconda3/python.exe ^
    -DPYTHON2_EXECUTABLE=C:/Python27/python.exe ^
    -DPYTHON2_INCLUDE_DIR=C:/Python27/include ^
    -DPYTHON2_LIBRARY=C:/Python27/libs/python27.lib ^
    -DPYTHON2_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/Python27/lib/site-packages/numpy/core/include ^
    -DBUILD_opencv_python3=ON ^
    -DPYTHON3_EXECUTABLE=C:/tools/Anaconda3/python.exe ^
    -DPYTHON3_INCLUDE_DIR=C:/tools/Anaconda3/include ^
    -DPYTHON3_LIBRARY=C:/tools/Anaconda3/libs/python37.lib ^
    -DPYTHON3_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/tools/Anaconda3/lib/site-packages/numpy/core/include ^
    -DBUILD_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_VTK=OFF ^
    ..\
    

    オプションのバリエーション

    • Windows の MSYS2 を使いたいときは、 「cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64" -T host=x64 ^」の代わりに次を使う。残りの部分は同じ。
      • MSYS2 配下の 64 ビット版の cmake である C:\tools\msys64\mingw64\bin\cmake を使うことになる。
      • ビルドできるようにするために、いくつかの機能を外している

      前もって、modules/core/CMakeFiles/opencv_core.dir/src/system.cpp でエラーが出るので「#include <unistd.h>」を書き加えておくこと

      C:\tools\msys64\mingw64\bin\cmake -G "MSYS Makefiles" ^
      -DWITH_TIFF=OFF -DWITH_JASPER=OFF -DWITH_OPENEXR=OFF -DWITH_IPP=OFF -DWITH_ITT=OFF -DBUILD_ZLIB=OFF -DBUILD_opencv_videoio=OFF -DBUILD_opencv_hdf=OFF -DBUILD_opencv_flann=OFF -DBUILD_opencv_dnn=OFF -DBUILD_opencv_highgui=OFF ^
      

  8. 結果の確認

    Python 2, Python 3 のところが自動設定されるので確認する.

    ※ 下図のとおりになるとは限らない.自動設定がうまくいっていない場合は、1つ上の cmake の実行のところを、設定を変えてやり直す.

  9. ビルドする
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    Windows の MSYS2 を使いたいときは、 次のように make を使う

    make -k -j4 
    make install
    

  10. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.最後のほうに「0 エラー」のように表示されるのを確認.

    ※ 黄色の警告メッセージは無視しても良い

  11. インストールする

    先ほどと同じコマンドをもう1度実行

    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

  12. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

  13. OpenCV のバージョン確認

    次のコマンドを実行する.

    python -c "import cv2; print( cv2.__version__ )"
    

    このとき 「Original error was: DLL failed: 指定されたモジュールが見つかりません」 というエラーメッセージが出ることがある.

    Windows のシステム環境変数 Path に「C:\Tools\Anaconda3\Library\bin」 と「C:\Tools\opencv\build\install\x64\vc15\bin」を含めてから、 新しいコマンドプロンプトで実行してみる

OpenCV 3.4.3 のインストール

※OpenCV の異なるバージョンを同時にインストールすることは考えていません

  1. VS 2017用 x64 Native Tools コマンドプロンプトを開く

    ※ スタートメニューの「Visual Studio 2017」の下にある

    ※ 「Visual Studio 2017 がないときは、上の「choco install -y visualstudio2017community」をやり直す、

  2. Python 2 にnumpy パッケージをインストール
    C:\Python27\Scripts\pip install numpy
    

  3. Python の flake8 パッケージをインストール
    C:\Python27\Scripts\pip install flake8
    conda install -y flake8
    

  4. Chocolatey を用いて OpenCV のソースコードとバイナリ等をインストール

    ※ 実行のとき、エラーメッセージが出ないことを確認すること

    cd C:\tools 
    rmdir /s /q opencv
    choco install -y opencv
    

  5. OpenCV 3.4.3 のソースコードをダウンロードし,ビルドの準備をする
     
    cd C:\tools 
    rmdir /s /q opencv_contrib
    rmdir /s /q opencv_contrib-3.4.3
    del 3.4.3.zip 
    wget https://github.com/opencv/opencv_contrib/archive/3.4.3.zip 
    7z x 3.4.3.zip 
    move opencv_contrib-3.4.3 opencv_contrib
    cd C:\tools\opencv\sources
    del CMakeCache.txt
    cd C:\tools\opencv
    rmdir /s /q build
    mkdir build
    
    (途中省略)

  6. cmake の実行

    下の手順は「cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64"」とある通り、Visual Studio 2017 を使う場合の手順であり、64 ビットに設定している

    「C:\tools」ではなくて「C:/tools」のようにしている. 「\」は使わずに「/」を使う. これは、opencv_contrib の modules 下の cmake のエラーを回避するため.

    -DPYTHON2_LIBRARY=C:/Python27/libs/python27.lib」と 「-DPYTHON3_LIBRARY=C:/tools/Anaconda3/libs/python37.lib」は、 実際の自分のパソコンのファイル名を調べ、 実際に存在するファイル名を設定すること

    ※ 先ほど調べた Python のバージョンが、Python 3.6 系列のときは「python36.lib」となり、 Python 3.7 系列のときは「python37.lib」となる.

    C:
    cd C:\tools\opencv\build 
    del CMakeCache.txt
    cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64" -T host=x64 ^
    -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE ^
    -DOPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=C:\tools\opencv_contrib\modules ^
    -DINSTALL_C_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_PYTHON=ON ^
    -DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON ^
    -DBUILD_opencv_python2=ON ^
    -DPYTHON_DEFAULT_EXECUTABLE=C:/tools/Anaconda3/python.exe ^
    -DPYTHON2_EXECUTABLE=C:/Python27/python.exe ^
    -DPYTHON2_INCLUDE_DIR=C:/Python27/include ^
    -DPYTHON2_LIBRARY=C:/Python27/libs/python27.lib ^
    -DPYTHON2_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/Python27/lib/site-packages/numpy/core/include ^
    -DBUILD_opencv_python3=ON ^
    -DPYTHON3_EXECUTABLE=C:/tools/Anaconda3/python.exe ^
    -DPYTHON3_INCLUDE_DIR=C:/tools/Anaconda3/include ^
    -DPYTHON3_LIBRARY=C:/tools/Anaconda3/libs/python37.lib ^
    -DPYTHON3_NUMPY_INCLUDE_DIRS=C:/tools/Anaconda3/lib/site-packages/numpy/core/include ^
    -DBUILD_EXAMPLES=ON ^
    -DWITH_VTK=OFF ^
    ..\sources
    
    (途中省略)

    オプションのバリエーション

    • NVidia CUDA を使いたいとき (Windows での NVidia CUDA のインストール手順は、 cuda.htmlに記載)

      次を追加

      -DWITH_CUDA=ON ^
      -DWITH_CUBLAS=ON ^
      

    • Windows の MSYS2 を使いたいときは、 「cmake -G "Visual Studio 15 2017 Win64" -T host=x64 ^」の代わりに次を使う。残りの部分は同じ。
      • MSYS2 配下の 64 ビット版の cmake である C:\tools\msys64\mingw64\bin\cmake を使うことになる。
      • ビルドできるようにするために、いくつかの機能を外している

      前もって、modules/core/CMakeFiles/opencv_core.dir/src/system.cpp でエラーが出るので「#include <unistd.h>」を書き加えておくこと

      C:\tools\msys64\mingw64\bin\cmake -G "MSYS Makefiles" ^
      -DWITH_TIFF=OFF -DWITH_JASPER=OFF -DWITH_OPENEXR=OFF -DWITH_IPP=OFF -DWITH_ITT=OFF -DBUILD_ZLIB=OFF -DBUILD_opencv_videoio=OFF -DBUILD_opencv_hdf=OFF -DBUILD_opencv_dnn=OFF -DBUILD_opencv_highgui=OFF ^
      

    • MSYS2 を用いてビルドされたOpenBLAS を使いたいとき(書きかけ) (Windows での OpenBLAS のインストール手順は、 openblas.htmlに記載)

      次を追加(書きかけ)

      ※ Visual Studio しか持っていないときは動きません

      -DOpenBLAS_LIB="C:/Program Files/OpenBLAS/lib/openblas.lib" ^
      -DOpenBLAS_INCLUDE_DIR="C:/Program Files/OpenBLAS/include/openblas" ^
      -DWITH_LAPACK=ON ^
      -DLAPACK_LIBRARIES="C:/Program Files/OpenBLAS/lib/openblas.a" ^
      -DLAPACK_INCLUDE_DIR="C:/Program Files/OpenBLAS/include/openblas" ^
      -DLAPACK_CBLAS_H="C:/Program Files/OpenBLAS/include/openblas/cblas.h" ^
      

  7. 結果の確認

    Python 2, Python 3 のところが自動設定されるので確認する.

    ※ 下図のとおりになるとは限らない.自動設定がうまくいっていない場合は、1つ上の cmake の実行のところを、設定を変えてやり直す.

  8. ビルドする
     
    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    Windows の MSYS2 を使いたいときは、 次のように make を使う

    make -k -j4 
    

  9. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.最後のほうに「0 エラー」のように表示されるのを確認.

    ※ 黄色の警告メッセージは無視しても良い

  10. インストールする

    先ほどと同じコマンドをもう1度実行

    cmake --build . --config RELEASE --target INSTALL
    

    Windows の MSYS2 を使いたいときは、 次のように make を使う

    make install
    

  11. 結果の確認

    エラーメッセージが出ていないことを確認.

  12. OpenCV のバージョン確認

    次のコマンドを実行する.

    python -c "import cv2; print( cv2.__version__ )"
    

    このとき 「Original error was: DLL failed: 指定されたモジュールが見つかりません」 というエラーメッセージが出ることがある.

    Windows のシステム環境変数 Path に「C:\Tools\Anaconda3\Library\bin」 と「C:\Tools\opencv\build\install\x64\vc15\bin」を含めてから、 新しいコマンドプロンプトで実行してみる







    以下、書きかけ
    # Panda3d # コマンドプロンプトを管理者として実行 python -m pip install --upgrade pip pip install --pre --extra-index-url https://archive.panda3d.org/ panda3d

  13. システムの環境変数

    JAVA_HOME Guava_HOME CUDA_PATH CUDA_PATH_V8_0 CUDA_PATH_V9_1 CUDNN_PATH C:\local\cudnn-9.1-v7.1\cuda に設定 GDAL_DATA: C:\OSGeo4W\share\gdal に設定 GDAL_DRIVER_PATH: C:\OSGeo4W\bin\gdalplugins に設定 GDAL_LIBRARY: C:\OSGeo4W\lib に設定 GDAL_INCLUDE_DIR: C:\OSGeo4W\include に設定 OPENCV_DIR PYTHON3_EXECUTABLE, PYTHON3_INCLUDE_DIR, PYTHON3_LIBRARY NDK_ROOT ANDROID_SDK_ROOT ANT_ROOT

    Windows のコマンドプロンプトで次のスクリプトを実行

    [Environment]::GetEnvironmentVariable('PATH', 'User'), 'User') + ';' + [Environment]::SetEnvironmentVariable('PATH', 'C:\Program Files\CMake\bin') 
    
    [Environment]::SetEnvironmentVariable('PATH', 'C:\Program Files\CMake\bin' + ';' + [Environment]::GetEnvironmentVariable('PATH', 'User'), 'User')
    $path = [Environment]::GetEnvironmentVariable('PATH', 'User')
    $path = 'C:\Program Files\PCL 1.8.0\bin;C:\Program Files\OpenNI2\Redist' + ';' + $path 
    [Environment]::SetEnvironmentVariable('PATH', $path, 'User')
    

  14. システム環境変数 LIB先頭に次を追加

    Anaconda の配下にインストールされたライブラリ等を有効にするため

    C:\ProgramData\Anaconda\Library\lib
    

  15. システム環境変数 CPATH先頭に次を追加

    Anaconda の配下にインストールされたインクルードファイル等を有効にするため

    C:\ProgramData\Anaconda\Library\include
    
    where git
    where wget
    where cmake
    where magick
    where ffmpeg
    where 7z
    where AcroRd32
    where everything
    where HWiNFO64
    where etcher
    where filezilla
    where firefox
    where chrome
    where vncviewer
    where mobaxterm
    where ssh
    where emacs
    where notebad++
    where sqlite3
    where redis-cli
    where npm
    where node
    
    where dot # GraphViz where nvcc # cuda のコンパイラ ffmpeg のツール imagemagick where gdalinfo # OSGeo4W pcl_viewer_release.exe where alpr where mysql -------------------------------------------------- ここまでチェック済 [Environment]::SetEnvironmentVariable('PATH', 'C:\Program Files\PCL 1.8.0\bin' + ';' + [Environment]::GetEnvironmentVariable('PATH', 'User'), 'User') where make where gcc where g++ where gfortran where javac where wget where captured where ssh openni2 where ccmake where sqliteman コマンドプロンプト spyder Eclipse Greenfoot Microsoft Build Tools Google Chrome Firefox # cmake-gui # CaptureD # Blender VR # OSGqo4W # sqliteman # Chainer # Tensorflow # その他 python パッケージ # R パッケージ # GNU Octave 関連パッケージ # Greenfoot # pleiades # scratch # CUDA 9.1 # OpenALPR # OpenNI # libPCL # Guava # CuDNN @ CloudCompare # UE4 オプション # Geforge Game Ready Driver choco install -y geforce-game-ready-driver (※tbd: CloudCompare, Blender VR , 地理情報: OSGeo4W, Guava Java 学習環境 Greenfoot, pleiades, scratch, CUDA 9.1, CuDNN, OpenALPR, OpenNI2, libPCL,
  16. GNU Octave 関連パッケージ,