トップページ -> データベース研究スタート -> Windows でソフトウエアのインストールと設定 -> MakeHuman のインストールと機能
[サイトマップへ]  

MakeHuman のインストールと機能

目次


Windows での MakeHuman のインストール(ダウンロードと展開)

おおまかには、zip ファイルをダウンロードし、展開(解凍)するという手順になります。

  1. MakeHuman の Web ページを開く

    http://www.makehuman.org/

  2. Web ページを開いたとき、Cookieに関する警告表示が出る場合がある.そのときは、「OK」をクリック

  3. Download」をクリック

  4. 最新版のところの「Download MakeHuman」をクリック

  5. Windows 版が欲しいので、Windows の下の「makehuman-1.1.1-win32.zip」をクリック

  6. .zip ファイルがダウンロードされるので確認する.

  7. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  8. 試しに makehuman.exe を起動してみる

  9. 警告表示を消す

    人体データが表示されます.不愉快に感じる場合には、ここで止めておきましょう。


MakeHuman プラグインのダウンロードと展開

  1. MakeHuman の Web ページを開く

    http://www.makehuman.org/

  2. Download」をクリック

  3. Blender tools」の下の「Download BlenderTools」をクリック

  4. makehuman_plugins_for_1.1.1.zip」をダウンロード

  5. いまダウンロードしたmakehuman_plugins_for_1.1.1.zip を展開(解凍)

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  6. いま展開(解凍)したファイルを、丸ごとmakehuman-1.1.1-win32\pluginsの下にコピーする

Blender の mhx2 アドオンのインストールと有効化, Rigging Rigify アドオンの有効化

前準備として,Blender のインストールが済んでいること.

  1. MakeHuman の Web ページを開く

    http://www.makehuman.org/

  2. Download」をクリック

  3. Blender tools」の下の「Download BlenderTools」をクリック

  4. blender_plugins_for_1.1.1.zip」をダウンロード

    解凍(展開)する必要はない.

  5. Blender を起動

  6. アドオンを追加したい。 「ファイル」→「ユーザ設定」と操作する

  7. アドオン」を選ぶ

  8. ファイルからアドオンをインストール」をクリック

  9. 先ほどダウンロードした blender_plugins_for_1.1.1.zip を選ぶ

  10. アドオンを使いたいので、「MakeHuman Import Runtime: MakeHuman Exchange2 (.mhx2)」にチェック. 「ユーザー設定の保存」をクリック.

  11. MakeHuman 関連のアドオンを検索したいので「make」と入れる

  12. MakeHuman のアドオンが数個検索されるので、すべて、チェックして、有効化する. 「ユーザー設定の保存」をクリック.

  13. 今度は、Rigging Rigify アドオンを有効化したい.

    rigify」と入れる.

  14. 「Rigging Rigify」をチェック

  15. 展開し、「Rigify Legacy Mode」をチェックし、 「ユーザー設定の保存」をクリック.

  16. ユーザ設定の画面を閉じる

MakeHuman の主な機能


MakeHumanで、mhx2形式で、人体データのエクスポート

  1. MakeHuman で、人体に骨格(Blenderでは「アーマチャ」ともいう)を付ける. 「Pose/Animate」を選び、 種類を選ぶ.

    ※ 既定(デフォルト)では「None」になっている.「種類」として「Default」を選ぶ。これで骨格が付く.

  2. mhx2形式でエクスポートしたいので、「File」を選び、 「Export」を選び、 「MakeHuman Exchange (mhx2)」を選ぶ

  3. ファイル名と、ディレクトリ名を設定したいので「...」をクリック.

  4. ファイル名と、ディレクトリ名を設定

    ディレクトリは、分かりやすいディレクトリを選ぶこと。

  5. Export」をクリックして、エクスポートする

Blender .mhx2 形式ファイルのインポート

  1. Blenderを起動する

  2. 中央の立方体は不要なので、立方体を右クリックで選んでから、DEL キーを押して削除

  3. Blender でmhx2 形式のデータのインポート

    ファイル」→「インポート」 →「MakeHuman (.mhx2)」と操作する

    MakeHuman (.mhx2)」が無い!というときは、このウェブページにプラグインのインストール手順を書いているので、インストールを行うこと。

  4. .mhx2 形式データファイルを選ぶ.

  5. 読み込まれるので確認する

    体型(身長や形)、衣服が表示される

    衣服の色やテクスチャ、髪の毛、肌や目の色などを確認したいときは「レンダリング」を行うこと.

  6. 確認のため骨格(アーマチャ)の中のリンクを、右クリックで選択してみる.

  7. 選択された状態で、マウスの右ボタンを押しながらマウスを動かす

    すると、人体が動き、人体表面が変形することが確認できる. マウスの左ボタンで確定.マウスの右ボタンで取り消し.

  8. F12 キーでレンダリングしてみる

    カメラ視野を調整したあとレンダリングした結果