トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> 人体の姿勢推定、キーポイント抽出 -> Windows で OpenPose を使ってみる
[サイトマップへ]

Windows で OpenPose を使ってみる

ユースケース:Windowsパソコンで、OpenPoseの機能を試してみたい

OpenPose は、人体、顔、手、足の「キーポイント」を検出するソフトウエア。 多数のカメラを配置して、3次元のキーポイントを得る機能もある

OpenPose の利用条件などは、利用者が確認すること。次のWeb ページを活用してください

https://flintbox.com/public/project/47343/

サイト内の関連Webページ

謝辞:このWebページで紹介する OpenPose ソフトウエアの作者に感謝します

前準備

7zip のインストール

前準備として,7zip のインストールが終わっていること.

(オプション)NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットのインストール

CUDA と連携させたいときは、前もって、 NVIDIA グラフィックスカード・ドライバ, NVIDIA CUDA ツールキットをインストールしておく.


OpenPose を使ってみる

  1. Web ブラウザで、OpenPose の「Windows ポータブル版」のWebページを開く

    https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/releases

  2. ファイルを選ぶ

    CPU版、GPU版を選ぶことができる

  3. zip ファイルがダウンロードされる

  4. ダウンロードした .zip ファイルを、 C:\ の直下展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  5. C:\openpose-1.4.0-win64-cpu-binaries のようなディレクトリができるので確認する

  6. modelsの下の getModels.bat を実行する

    モデルデータがダウンロードされる。しばらく待つ

  7. Windows のコマンドプロンプトを実行する.

  8. デモプログラムを試す

    ※ しばらく待つと表示される。 処理時間は、CPU 版だと、`1フレームあたり、10秒くらい

  9. オプションの確認
    cd C:\openpose-1.4.0-win64-cpu-binaries
    bin\OpenPoseDemo.exe --help
    

    (以下省略)

  10. --face, --hand オプションを試してみる

    参考 Web ページ: https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose/blob/master/doc/quick_start.md#quick-start

    cd C:\openpose-1.4.0-win64-cpu-binaries
    bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media -face --hand
    

  11. --write_json オプションを試してみる

    ※ 末尾の「.」(半角ピリオド』はディレクトリの指定

    cd C:\openpose-1.4.0-win64-cpu-binaries
    bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media --write_json .
    

    .json ファイルができていることがわかる