トップページ -> 最新情報技術の実習と研究ツール -> Linux で環境を整える -> Ubuntu で Java Platform (JDK) 8u5 のダウンロードとインストールとテスト実行 (javac を動かしてみる)
[サイトマップへ]  

Ubuntu で Java Platform (JDK) 8u5 のダウンロードとインストールとテスト実行 (javac を動かしてみる)

目次

  1. 前準備
  2. インストール
  3. 設定
  4. サンプルプログラムの実行

前準備

Ubuntu のシステム更新などを終わっておくこと

端末を開き、次を実行

sudo apt update
sudo apt -yV upgrade
sudo apt -yV dist-upgrade
sudo apt -yV autoremove
sudo apt autoclean
sudo shutdown -r now

インストール

◆ Ubuntu で Java Platform (JDK) をインストールする手順

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install oracle-java8-installer
sudo apt-get -y install oracle-java8-set-default 
java -version

※ 下のように OpenJDK や gcj が表示される場合には, インストール がうまくできていない可能性があることに注意

■ OpenJDK が表示されているところ

■ gcj が表示されているところ


設定

  1. Oracle (SUN) JDK を使うように設定
    sudo update-java-alternatives  --jre -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  --jre-headless -s java-8-oracle
    sudo update-java-alternatives  -s java-8-oracle
    

  2. 設定の確認

    次のコマンドを実行し、/usr/lib/jvm/java-8-oracle...の行に設定されていることを確認する

    sudo update-alternatives --config java 
    

  3. java のバージョンの確認

    update-java-alternatives -l 
    java -version
    

  4. 変数 JAVA_HOME の設定

    ~/.bashrc または ~/.bash_profile に次のように設定(設定例

    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-8-oracle
    export PATH=/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:$PATH
    export CLASSPATH=.:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/lib
    

サンプルプログラムの実行

サンプルプログラム

ファイル「HelloWorld.java」の作成

public class HelloWorld
{
    public static void main(String args[])
    {
        System.out.println("Hello Java World !");
    }
}

コンパイルと実行

  1. コンパイル

      プロンプト> javac HelloWorld.java
    

  2. 実行

      プロンプト> java HelloWorld
    

    実行結果は次のようになる.

  3. Apache Ant がインストール済みの場合には,ant も使ってみる

    build.xml の記述例