トップページ -> データベース研究スタート -> GeoTIFF 形式の高さマップ (height map) -> 基盤地図情報標高DEMデータ変換ツール DEMTOOL の紹介
[サイトマップへ]  

基盤地図情報標高DEMデータ変換ツール DEMTOOL を紹介します.

先人に感謝

Web ページ: http://www.ecoris.co.jp/contents/demtool.html

キーワード: GeoTIFF, gdal, 基盤地図情報, 数値標高モデル, 基盤地図情報ダウンロード


インストール手順

  1. Web ページを開く

    http://www.ecoris.co.jp/contents/demtool.html

  2. 注意、免責事項を確認する

  3. ダウンロードはこちら」をクリック

  4. zip ファイルがダウンロードされるので確認する.

  5. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.


基盤地図情報・数値標高モデルのダウンロード

  1.  国土地理院の「基盤地図情報ダウンロード」の Web ページを開く

    https://fgd.gsi.go.jp/download/

  2. ログイン画面はこちら」をクリック

  3. 「基盤地図情報・数値標高モデル」の下の 「ファイル選択へ」をクリック

  4. ダウンロードしたい数値標高モデルの範囲を選ぶ

  5. 選び終わったら,「ダウンロードファイル確認へ」をクリック

  6. すべてチェック」をクリック

    ※ 「5A」は航空レーザー測量,「5B」は写真測量.

  7. まとめてダウンロード」をクリック

  8. ログインする

  9. アンケートに協力する(正しく回答する)

  10. .zip ファイルがダウンロードされるので確認する

  11. ダウンロードした .zip ファイルを展開(解凍)する.分かりやすいディレクトリに置く.

    展開(解凍)すると .zip ファイルができるので確認する.

    ※ Windows での展開(解凍)のためのソフトは「7-Zip」をおすすめ.

  12. さらに展開(解凍)すると .xml ファイルができるので確認する.

    ファイル名: FG_GML-5133-41-00-DEM5A-201601001.xml


基盤地図情報標高DEMデータ変換ツール DEMTOOL を用いて, 基盤地図情報の数値標高モデルを GeoTIFF に変換結合

  1. GeoTIFFを格納するフォルダ」を1つ作り,そこに,すべての .xml ファイル を集める.

  2. 「変換結合.vbs」を起動

  3. 次のように操作し,座標系は「緯度経度」に設定する(UTMや平面直角座標のような投影座標系は選ばないことにする)

  4. 変換が終わると merge.tif, merge_shade.tif ができる

    ※ 座標系を「緯度経度」で設定したけど、あとになって、UTM や平面直角座標系が欲しい!と思ったときは、 OSGeo4W を使って, 緯度経度の座標系から,UTM や平面直角座標系などの投影座標系に変換することができます.

    詳しくはコマンドで GeoTIFF ファイルを扱う」のページに記述しています