トップページ -> データベース研究スタート -> 3次元コンピュータグラフィックス -> Blender で Python スクリプトを実行してみる
[サイトマップへ]  

Blender で Python スクリプトを実行してみる

このWebページでは Blender バージョン 2.79 で説明しています.


前準備

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.


Blender Python コンソール (Blender Python console) を使ってみる

Blender での画面レイアウトの切り替え

Blender Python コンソール (Blender Python console) で Python スクリプトを実行してみる

  1. blender を起動

  2. Blender Python コンソールを開きたいので, Blender の画面レイアウトを「スクリプティング(Scripting)」に変える

  3. コンソール画面が開くので確認する

    コンソール画面の中では, IPython シェルが動いている.

  4. 試しにBlender オブジェクトの一覧表示を行ってみる.

    コンソール画面で次を実行

    for i in bpy.data.objects:
        print(i.name)
    

    Blender オブジェクトが確認できる(下の実行結果例では Camera, Cube, Lamp の 3つ)

  5. 試しに3次元オブジェクト(タイプが「MESH」であるオブジェクト)の一覧表示を行ってみる.

    コンソール画面で次を実行

    for i in bpy.data.objects:
        if i.type == "MESH":
            print(i.name)
    

  6. 今度は,Blender 画面の一覧表示を行ってみる.

    コンソール画面で次を実行

    for i in bpy.data.screens:
        print(i.name)
    

    画面名が確認できる

  7. 自動補完(Auto comlete) を試してみる

    コンソール画面で「bpy.data.」と入力したあとで、「オートコンプリート (Autocomplete)」をクリック

    補完の候補が表示される.


使ってみる

レンダリング

Windows の場合の例

Windowsの場合は,環境変数 HOMEPATH を使うことにする.

※ Linux の場合は,「HOMEPATH」の代わりに「HOME」を使う.

import os
bpy.ops.render.render()
bpy.data.images['Render Result'].save_render(filepath = os.environ['HOMEPATH'] + '/hoge.png')

できあがった画像ファイル hoge.png は次の通り.

光源(ランプ)の設定

Pythonスクリプトで光源(ランプ)を設定する

import os

pi = 3.141592
lamp = { "location" : (20, 0, 10), "rotation_euler" : (0, 0.2, 0.4), "falloff_type" : 'INVERSE_LINEAR', "shadow_method" : 'RAY_SHADOW' } 
# lamp = { "location" : (20, 20, 10), "rotation_euler" : (0, 0.2, 0.4), "falloff_type" : 'INVERSE_LINEAR', "shadow_method" : 'NOSHADOW' } 

lamp_obj = bpy.data.objects['Lamp']
lamp_obj.location = lamp["location"] 
lamp_obj.rotation_euler = lamp["rotation_euler"] 
lamp_obj.data.falloff_type = lamp["falloff_type"] 
lamp_obj.data.shadow_method = lamp["shadow_method"]

bpy.ops.render.render()
bpy.data.images['Render Result'].save_render(filepath = os.environ['HOMEPATH'] + '/hoge.png')

できあがった画像ファイル hoge.png は次の通り.

カメラの設定

Pythonスクリプトでカメラを設定する

pi = 3.141592
camera = { "location" : (15, 0, 15), "rotation_euler" : (0, 1, 0), "type" : 'PERSP', "angle" : 50.0 * (pi/180.0) }

scene = bpy.data.scenes["Scene"]
scene.camera.location = camera["location"]
scene.camera.rotation_euler = camera["rotation_euler"]
scene.camera.data.type = camera["type"]
scene.camera.data.angle = camera["angle"]

bpy.ops.render.render()
bpy.data.images['Render Result'].save_render(filepath = os.environ['HOMEPATH'] + '/hoge.png')

できあがった画像ファイル hoge.png は次の通り.


データアクセスを行う Python プログラム(書きかけ)

参考 Web ページ:

https://docs.blender.org/api/blender_python_api_2_63_release/bpy.data.html

https://docs.blender.org/api/blender_python_api_2_63_release/bmesh.html

オブジェクトの一覧

for i in bpy.data.objects:
    print(i.name)

シーン名の一覧

print(bpy.data.scenes.keys())

3次元オブジェクトのメッシュの取得

if "Cube" in bpy.data.meshes:
    mesh = bpy.data.meshes["Cube"]

for i in mesh.edges:
    print(i)

for i in mesh.vertices:
    print(i)

for i in mesh.polygons:
    print(i)

以下,書きかけ