トップページ -> データベース研究スタート -> 3次元コンピュータグラフィックス(ポリゴンと点群) -> Blender のマテリアル
[サイトマップへ]  

Blender のマテリアル

Blenderは,有名な3次元コンピュータグラフィックス・アニメーションソフトウエア. 3次元オブジェクトの編集,レンダリング、光源やカメラ等を設定しての3次元コンピュータグラフィックス・アニメーション作成機能がある.

キーワード:Blender, レンダリング, 光源(ランプ), 光源(ランプ)の種類, 空,Transparency(透過)による透明化, Mirror(ミラー)による鏡面の表現

前もって準備しておくこと

前準備として,Blender のインストールが終わっていること.


このWebページで行う主な操作

関連Webページ: Blender の画面構成と基本操作

オブジェクトの選択,位置モード,3次元オブジェクトの新規作成

視野の平行移動,視野の回転,作業視野とカメラ視野

操作のアンドウ(Undo)とリドウ(Redo)


レンダリング

※ 演習1: Blender を起動し,F12キーを押してレンダリングしてみなさい.その後,3Dビューに戻りなさい.

※ 演習2: 次の手順で演習してみなさい

  1. Plane, UV Sphere, Cylinderの3次元オブジェクトを新規作成しなさい

  2. Plane のオブジェクトだけを拡大しなさい.

    ※ 「S」キーで 拡大縮小モード. 動かしたあと,マウスの左クリックは確定,右クリックは取り消し.

  3. すべての3次元オブジェクト平行移動して、Plane のオブジェクトのに,他の3次元オブジェクトが乗っているようにしなさい.(見栄えだけの問題なので、だいたいで良い).

    ※ 「G」キーで 位置モード. 動かしたあと,マウスの左クリックは確定,右クリックは取り消し.

  4. 視野を回転して,3次元オブジェクトの配置を確認しなさい

    ※ マウスの中ボタンを押しながらマウス移動.

    必要なら,3次元オブジェクトを再度、平行移動する.

    ※ 「画面の4分割」のモードへの切り替えは、CTRL + ALT + 「Q」キー(同時押し)で行うことができる.(元に戻すのも同じ操作).

    「この方が使いやすい」と思ったときは、こちらで行う.

  5. カメラを「カメラ視野」に固定しなさい

    ※ 3Dビューで「N」キー.「カメラをビューにロック (Lock Came to View)」をチェックする

  6. カメラ視野に切り替えなさい

    ※ 3Dビューで「作業視野」と「カメラ視野」との切り替えは, メニューの「View」の「Camera」で切り替わる

    下の図は、カメラ視野に切り替えたときの 3Dビューの画面.

  7. カメラの位置や向きを調整しなさい

  8. F12キーを押してレンダリングしてみなさい.その後,3Dビューに戻りなさい.

  9. あとで使いたいので,念のため,ファイルに保存しておきなさい.Blender を終了する必要はない.

光源(ランプ)の種類の設定

Blender での光源の種類

光源(ランプ)の種類の変更は次の手順.

  1. オブジェクトモードで,光源(ランプ)を選択

    ※ 光源(ランプ)を右クリック

  2. プロパティの画面で,「オブジェクト」のボタンをクリック

  3. 光源(ランプ)の種類を選ぶことができる

※ 演習: Point, Sun, Spot, Hemi, Area の違いを確認しなさい


マテリアル

Diffuse の色の変更は次の手順.※ マテリアルは,色以外にもたくさんある.

※ 演習: Cube (立方体)のオブジェクトの色を設定しなさい

  1. オブジェクトモードで,Cube (立方体)のオブジェクトを選択

  2. プロパティの画面で,「マテリアル」のボタンをクリック

  3. 下のように「New」のボタンが表示されるときは,Newをクリック

  4. マテリアルのプロパティを設定できる画面を確認

  5. Diffuse」の下の枠をクリック

  6. 色を選ぶ

※ 演習: 再度Point, Sun, Spot, Hemi, Area の違いを確認しなさい


光源(ランプ)の種類が Sun のときは, 背景の種類を選ぶことができる

光源(ランプ)のオブジェクトを選択し, プロパティの画面で,Sky(空)にチェックし,横のメニューで空の種類を選ぶ.

※ 演習: 空の種類 Classic, Desert, Mountain を確認しなさい


Transparency(透過)による透明化

3次元オブジェクトを選択し, プロパティの画面で,Transparency(透過)にチェックし, Alpha (アルファ)の値を 0以上1未満にする(小さいほど透明になる)

演習


Mirror(ミラー)による鏡面の表現

3次元オブジェクトを選択し, プロパティの画面で,Mirror(ミラー)にチェック. Reflectivity (反射率)を 0 より大きく 1以下の値に設定.

演習:


テクスチャ画像

メモ

  1. jpg 形式の画像ファイルを準備する

  2. プロパティで,テクスチャ画像を設定できる