トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Ruby による Web/データベース・プログラミング -> Time 関数を用いて、経過時間をミリ秒単位で表示するプログラム例
[サイトマップへ]  

Time 関数を用いて、経過時間をミリ秒単位で表示するプログラム例

#! ruby -Ks
# coding: windows-31j

require 'pp'
require 'rubygems'
require 'sqlite3'

# SQLite3 のデータベースファイル名を DBNAME に設定してください.
# Windows の場合. 「C:」のようなドライブ名を付ける
DBNAME = "C:/SQLite/mydb"
# Linux の場合
# DBNAME = "/var/SQLite/mydb"
DBDIR = File.dirname( DBNAME )
DBBASENAME = File.basename( DBNAME )

# データベースオープン
Dir.chdir( File.dirname( File.expand_path( DBNAME ) ) )
db = SQLite3::Database.new( DBNAME )

######
sql = <<SQL
  SELECT * from order_records; 
SQL

t1 = Time.now
db.transaction do |db| db.execute_batch( sql ) end
t2 = Time.now

p t1 
p t2
p (t2 -t1) * 1000.0 
 
db.close

【実行結果の例】

「58858.045665」がミリ秒単位での経過時間