トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Ruby プログラミング -> 対話型 Ruby 処理系を使ってみよう
[サイトマップへ]  

対話型 Ruby 処理系を使ってみよう

対話型 Ruby 処理系は,コンソールでコマンドを打つたびに評価結果が表示されるもの. 手軽に試すときに便利です.

Ruby の処理系Ruby の Web ページ (http://www.ruby-lang.org/ja/) で配布されています. この Web ページでは,この本家の Ruby を「Ruby」と呼びます.

それとは別に,JRuby (http://jruby.org) という処理系 (2010/1 時点で Ruby バージョン 1.8.7 とほぼ完全に互換)があります. Java との親和性が高く(処理系そのものが Java で書かれているため),便利な場合があります. この Web ページでは,「JRuby」についても触れます.、


前準備


対話型 Ruby 処理系の起動

Linux

irb (Ruby の場合) あるいは jirb (JRuby の場合) のようなコマンドで起動する.

Windows

Ruby の場合

コマンドプロンプトで 「irb」と打つ.irb は 「Interactive Ruby」

ActiveScriptRuby を使ってインストールした場合には,Windows の「スタート」から「Ruby 1.8」を選び,「irb」を選ぶことでも起動できる.

Rumix を使ってインストールした場合,Windows の「スタート」から「Rumix」を選び,「NYACUS (コマンドラインシェル)」を選ぶことでも起動できる.

JRuby の場合

jirb コマンドによる起動


対話型 Ruby 処理系の使用例