トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Ruby プログラミング -> Ruby で MD5 メッセージダイジェストの生成
[サイトマップへ]  

Ruby で MD5 メッセージダイジェストの生成

MD5 とは,メッセージダイジェストの生成アルゴリズム.ファイルの同一性を調べるなどに役立つ. Ruby を使って,MD5 メッセージダイジェストを生成するプログラム例を示します.

SHA1, SHA256, SHA284, SHA512については,別の Web ページで説明しています

参考 Web ページ http://www.ruby-lang.org/ja/man/html/Digest_MD5.html


プログラム例

#! ruby -Ks
# coding: windows-31j

require 'pp'
require 'digest/md5'

def md5digest(s)
# MD5 メッセージダイジェストの生成
  return Digest::MD5.digest(s)
end

def md5hexdigest(s)
# MD5 メッセージダイジェストの生成(16進数表現)
  return Digest::MD5.hexdigest(s)
end

if __FILE__ == $0
  FILENAME="C:\\hoge.txt"
  # 念のためカレントディレクトリを変更しておく
  Dir.chdir( File.dirname( File.expand_path( FILENAME ) ) )
  File.open(FILENAME, "r") do |f|
    s = f.read
    pp s
    pp md5digest s
    pp md5hexdigest s
  end
end
実行結果の例