トップページ -> 情報工学,情報スキルの教材 -> Jasmine によるオブジェクトデータベース入門
[サイトマップへ]  

Jasmine によるデータベース入門

データベース入門

データベースシステムの基礎について。Jasmine を使用した例題付き。

オブジェクトデータベース入門


Jasmine 実習

Jasmine と Web ブラウザが連携した簡単なデータベースアプリケーションプ ログラムを作成する実習

[報告書]

[実習の目的]

[課題]

次のプログラムを作成し,報告書を作成せよ.

プログラムの仕様の案は次の通りである.なお,ここに記述された仕様にこだわることなく,自由に変更して構わない. プログラムの詳細については,自分で決めること.

  1. 少なくとも,次のデータを格納できるデータベース
         登録ユーザ(属性として,ユーザID,電子メールアドレス,パスワードを含むこと).
         商品マスタ(商品ID,商品名,単価)
         在庫(商品ID,在庫量)
         注文記録(ユーザID,商品ID,注文数,注文日時).
    
  2. 次のデータベース操作を行うプログラム
         登録ユーザの追加
         登録ユーザの削除
         登録ユーザの一覧表示
         商品マスタの追加
         在庫の「在庫量」の増加
         注文の実行(注文記録の操作と,在庫の操作を同時に行うこと).
    
  3. 次の操作を Web ブラウザ経由で行えること
         在庫の表示
    	但し,在庫0のものは赤字にする,1箇所にまとめるなどの工夫が望ましい.
         注文の実行
    	在庫が0のときには,注文ができないようにすること.
    
  4. ユーザ認証の機能
         注文の実行では,データベースに登録されたパスワードと電子メールアドレスでの認証を行う.
    
  5. 確認メールの発送
         注文が実行されると,登録されたメールアドレスに確認メールが届く.